夢の ミシノン王国

現在、自分のHP「笑王院」を このブログに吸収中です。
そのため 古い記事を大量にUPしてます。
ミシノン王国に 今日も 日が昇る
たまには昇らない。更新率・低めのブログです

Neko Jump

2011/10/22 池尻大橋 2.5D


当然 行ってきました。10月22日、
池尻大橋で開催されたネコジャンプのライブイベントに。


思い出すのは、去年11月、川崎で開かれた「大人まんが祭」。

あの時はネコジャンプ・ファン や
他の 萌え萌えグループを見に来た人達が
最前列を陣取っていたので(私も その一人)

いつも そのライブハウスで活動してる、
「アニパンク」というバンドの人が、演奏の合間に こう言った。

『ホームなのに アウェイの雰囲気・・・』

私は これを ライブ史上 最大の名言だと思っている。



ということで、22日、「2.5D」のライブは、
前列4列は 完全に ネコジャンプ・ファンが埋め尽くし、
(ちなみに私も 4列目で見ていた)
ネコジャンプ以外の出演者には、
とんでもない「アウェイ」になってたことだろう。


開場は 午後6時30分   に なっているが、
なかなか入場できず、45分を過ぎてから 徐々に入場していった。

入り口のドアに『撮影NG』の文字が見えた。

かなり ガッカリ。
私は「撮影可能」に 一縷の望みをかけていた。
はやくも 崩れた。

入り口の脇に サワディーさん(と思しき人達)が、
即売所を設けていた。

商品を購入した先着50人には イベント後 握手会があり
握手できる  との事。

「イベント後」って 何時になるのか? 不安だったけど、
撮影NGの心の痛みをぬぐうには 握手会参加しか 方法が無かった。

一番安い、1000円のCDを買い、整理券をもらった。



(以下、You Tube映像などを載せますが 当日のライブとは関係ありません)


この日 1番目の登場は 「その名はスペィド」。

開場時間が遅れたのに、開演時間は ほとんどキッチリ。
ギッチリ 良い仕事をしてくれたと思ってる。

どういうグループか 知らなかったけど、
途中で、決めポーズをして「うちに関しては 撮影OKです」
と言ったところで 盛り上がり。

みんな カメラ 取り出して 撮ってた。
私も撮った。

sCIMG3444



お人形さんみたいに可愛いボーカルが歌うグループでした。
奥にいるオジサンも素敵でした。

You Tube映像を埋め込みたかったけど 何故か できないから ここで。
これが 一発目の曲。
『 Black Magic 』

この曲は その場で聞いて 気に入った。
(注・こんな色っぽい衣装ではありません)
『 Hellbound 』
いつも 「いい人」である私には 「身に詰まされる」曲であった。
  そんな話  どうでもいいネ?





2番目の登場は DJの「いぬ」さん。

ライブを見に行く前に、
私は勉強として、いぬさんのHPを見た。

いぬさんのHP

見て驚いた。
とんでもない量の SNSに参加してる。
信じられないぐらいの量をこなしている。

すごいなぁ。

我々 ネコジャンプファンは DJというものを知らなかった。
だから、どう振る舞えばいいのか わからない。 そんな感じ。
盛り上がらない客席で ゴメンよ。

いぬさんの作り出す音楽、 ここで聴ける。
いぬ―サウンドクラウド
(注!! 聴く時は 右上に 音量のボリュームがあるので 小さくしておいてから聴いて下さい)

聴いてみると 楽しい。

じっくり聴くのも楽しいし、 BGMとして聞いても楽しい。





3番目に登場したのは、いぬさんから引き継いだ PandaBoY さん。

さすがに若い。 躍動感たっぷり。
ツマミをギュイーーンとひねる姿がカッコイイ。

(↓ 黒地に 白玉の服が PandaBoY さん)



『 PandaBoY―サウンドクラフト 』
(右上に音量ボリュームがあります。 調節して下さい)

音楽をかけ、カッコ良く動くPandaBoYさんの姿を見て、
ネコジャンプファンが ほんの少しだけ 動きだし、
最後は POOのリミックスが流れたので、
PandaBoYさんは 拍手喝采の中 退場していった。





そろそろ ネコジャンプが見たいなぁ と思ってる頃、
ステージに立ってたのが、
4番目の出演者、「 manzo  」さん。

何の変哲もないオジサンに見えたのだが、
歌い出すと すごくウマイ。

いろんな曲を作り、歌っているそうだ。
これみたいに↓


歌 と しゃべり で 一気に会場を和やかにした。
人徳があるのかね・・・?

愛されるキャラでした。







ステージに白い布が吊され、
5番目の出演者 「メーウ」のビデオが上映される。

メーウ   アニメ製に なったのか・・・  CGじゃなくなったのか・・・。

8月に発売された メーウの曲

  発売されたのを知らなかったョ。






6番目に登場したのは・・・

まず セッティングに時間がかかり、
本番では大音量の雑音を流し続けたバンド。

観客席では 耳を押さえてる人 多数。
聞くに堪えない演奏だった。

そのバンドの名前を書くだけでも おぞましいから書かない。

満場一致で 「つまらない」・「時間の無駄」と感じた事だろう。

だが、これは彼等だけの問題では無い。
このような集団をラインナップした、ライブハウス側にも問題がある。





ハイ、長かったネ。 ここまで読むだけでも長かったネ?

当日の我々も 長かった と感じている。

我々、30代・40代のオッサンは もはや体力の限界だった。
夕方6時過ぎからライブハウスの前に並び、
入場してからは 飲まず喰わずで 立ちっぱなしで ほとんど動かず ただ待っていた。

(私は 最初から、「4時間・立ちっぱなし」は覚悟していた
                      体調万全で行きました)


午後9時30分頃 ついに ネコジャンプ登場。


まずは、歌わず、
先に登場した「その名はスペィド」の女の子3人 と まんぞーサンと、ネコジャンプで、
「アイコトバ」の 振り付け講座。

manzoさんがスペィドさんとペアを組んで踊り、
その光景は おもしろくもあり、うらやましくもあり。

振り付け講座の時は、司会の人がいたけど、
ネコジャンプのライブの時には MCは本人達で  って事になってた。

やっぱ ヌーイのほうが日本語はウマイ。

ところどころジャムは 言葉を失敗したし、
タイ語で ベラベラしゃべっちゃった瞬間も あり。

それでも もちろん  かわいいから許す。

歌った曲は 4曲。

1,AIKOTOBA
2,Ok Hak Ka
3,I can Friday!
4,Poo



いつものように アンコールは  無し。

 さびしいけどナ。



ただ、これで やっと私達も自由に動くことができる。

ドリンク(ビール)を飲み、タバコを吸って 休憩。

ネコジャンプの握手会も始まっていた。
私は
ヌーイと2秒ぐらい握手して、
ジャムと2秒ぐらい握手してきた。

私は、
ヌーイには 「ダイスキデス」 言っておいた。
ジャムには 「アリガトウゴザイマシタ」と言っておいた。
   反応 薄かった。



ネコジャンプが まだ会場にいるのに、みんな 帰っていく。
ちょっと奇妙な光景ですね。

帰り時間が遅かったのョ。
私も 握手して ほんのちょっとネコジャンプを見ておいてから、
早々に帰り、
池尻大橋の駅に着いたのは 午後10時30分頃。

家に帰れるか どうか 心配だった。

なんとか その日は 11時56分、自宅に到着した。


私は ライブに行ったら できるだけ楽しむようにしている。

「その名はスペィド」・「PandaBoY」・・・名前 覚えた。 ファンになった。

「いぬ」・「manzo」・・・尊敬できる。

一つのバンドのみ残念な内容だったが、
この長いライブ、 概ね 私は楽しめた。


あと関係無いけど、
このサイトの ネコジャンプの写真集   すごくイイ。
 写真 いっぱい載ってます。








 ネコジャンプの握手会・・・

   彼女達     手袋をしたままだったョ。

               ヒュ~~~~



           それでも いいサ。









カフェで見るNeko Jump


8月6日、久し振りに ネコジャンプのイベントがあった。
前回の ネコジャンプのイベントは、
去年11月の「大人まんが祭り」か・・・。

すごく久し振り。 すごく嬉しい。

日本でのイベントが無くて 悲しんでた頃、
降って湧いたように ネコジャンプのイベントを知った。

代官山のカフェで なにやら イベントに出演する らしい。

勿論 行ったことの無い場所だし、
どんなイベントだか 知らないし、
それでも、
ネコジャンプ見たさ に 当日、その場所に行ってきた。

夕方5時から 入場スタート。

私は 10分ぐらい前に現地に到着した。
一応、行列は できていた。

5時をちょっと過ぎてから、
少しづつ、入場者を区切りながら、建物の中へ向かっていった。

入場料は 1000円。
これで ドリンクと軽い食べ物のチケットをもらう。

私も かなりのネコジャンプ・ファンだけど、
私よりも前に並んでた人は 私を上回るほどのネコジャンプ・ファンなのだろう。

入場と同時に 脇目も振らずに、
ステージの前に ただ立って 待つ人 多数。

私は 適当に 食べ物 喰って、お酒1杯 飲んで、
それから、ステージの前に行った。

前から3列目ぐらいの所に居た。

ネコジャンプのライブが いつ始まるのか 分からない、
そういう状況で待つのは 根気のいる仕事だった。

2時間 待って、ネコジャンプのライブ スタート。

もっと見ていたかったけど、
短い時間でライブ終了。

それでも 生のネコジャンプが見られて、私は幸せデス。

fm1806





「ヌーイ様」
f1799




「ろくな写真 無いです」
neko1784




「3列目からだと キツイ」
neko1785




「曲中」 なんか この表情  いいナ
neko1802





「ツノ」 最初 見た時は ツノが生えてる小悪魔 かと思った。
neko1808




「ヌーイ様」 日本のお土産に 木刀を買ったそうです。
neko1820




「お二人」
neko1882




「ジャム」   日本の夏は  暑いらしい
neko1885




「ヌーイ」
neko1858




細々と ネコジャンプ

私は いまだに ほそぼそと ネコジャンプ記事 書いてます。

こっちのブログで。

「 うつくしき もの (ネコジャンプのカテゴリー) 」


それにしても・・・
最近 日本に来てくれないから・・・

書くネタが 無い・・・


私の持ってる写真も もはや ネタ切れ。


今年も また 日本に来てもらいたいもんだ。


sayDSCF6330




sayDSCF6360


ツウは ヌーイを 選ぶ

2010年8月1日、
東京・渋谷にて、
ネコジャンプのファンイベント+コンサートが開催された。
dezi5934



ネコジャンプ・ファンであり、
「ヌーイ派」である私は、
喜び勇んで、このイベントを見に行った。
asayDSCF6359



『ツウはヌーイを選ぶ』
この言葉を 私は 普段から言い続けている。

だが しかし、正直に言ってしまうと、
その発言には ウラの思惑がある。

「どうしても ジャムのほうが人気が高い」
・・・それ認めている。
だから、わざと 言っている。

勿論、ジャムの魅力は 私も よく知っている。
最初は 私も ジャム派だったから。

今になっても、
「今、世界で 一番 美しいのは ジャムだ」と思ってるし、
その明るい表情・周りへの気配り から、
「誰からも愛されるカワイイ子」だと思っている。

それでも、私は、
「ジャム と ヌーイの どちらが好きですか?」
 と質問されたら、
迷うことなく 『ヌーイ』と答える。

sayDSCF6409



ヌーイ&ジャムを見るために行った、
この日のイベント会場のステージでは、
私の 立ち位置からは、
ヌーイではなくジャムのほうが見易い場所に居た。
その為、この日の写真は ジャムのほうが綺麗に撮れている。

サイン会では、ジャムはサインの下に、
「Arigato!!!」と書いてくれた。
・・・ジャムのファンサービスに 心を打たれた・・・

コンサートは 私は2階席から見た。
席は前から2番目で 中心辺り。
でも、真ん前の席には ビデオ撮影係の人がいて、ちょっと邪魔ッ。
そのせいで、コンサートの時も、
ヌーイよりもジャムの姿のほうがよく見えた。

次第に私は、自分の中で こう考えた。
「これらの出来事は、
 『みしのんよ、 ジャム派に戻れ』
    という啓示ではないのか?」と。
sayDSCF6353



『ジャム派に戻れ~  ジャム派に戻れ~ 』
私にとって その声は、決して悪い誘いではない。

ジャムは、世界で最も素敵な女性の1人である。
もう一度、ジャム派に戻ろうか・・・? 戻ってしまいそう・・・。


この日のヌーイに、
魅力的な点が見出せなければ、
私は きっと ジャム派に戻っていた。


私がヌーイを好きになったのは、
ある日、私の心のスイッチが入ってしまったからだ。

sayDSCF6397


ヌーイのツィッターを見ていると、
たまに ものすごい勢いで 本人が書き込んでる時がある。

何かの歌詞かも知れないが、悲しげな内容が多い。

ある日、
「眠れない」「体調が悪い」「薬を飲んだ」
「ジャイライ」などの言葉が並んでるのを見た時、
私の心のスイッチが入った。

もはや、かわいそうで見ていられない。
『私は この身を賭しても ヌーイを守る』
 と思うようになった。

この日も じつは そういう目で見ていたのだが、
そんな気持ちは、
良い意味で 見事に裏切られた。

asayDSCF6434


コンサート前半では いつものイベントの時のように、
かわいく歌い、かわいく踊っている。

後半では、
日本未公開のセクシー路線の曲を、
激しく 正確に 情熱的に 力強く 歌って踊っている。

そこに居るヌーイには、
私が勝手に作り上げた「弱々しい」イメージなど、
微塵も無い。

私が見たのは、元気なヌーイであり、強いヌーイであった。

asayDSCF6410



それは 私が 一番 見たかったものだ。
私は この日、ヌーイに惚れ直した。

この日、ジャムのことを ますます好きになったし、
ヌーイのことを 更に更に ますます好きになった。

burogu5939




ところで・・・

文章の冒頭から、便宜上、
「ヌーイ派」だの「ジャム派」だの の言葉を出しましたが、
私は じつは そういう区別は あまり してません。

ジャムも好きだし、ヌーイも好き。
この先、
ピグレットちゃんも応援していくし、
場合によっては
ネコジャンプのお母様もチェックしていきます。

           Waiiも好きになった。

asayDSCF6425

私の ジャム&ヌーイ考

タイのアイドルグループ「Neko jump」は双子であり、

愛称・ジャムちゃんのほうは「元気のあるほう」、
愛称・ヌーイちゃんのほうは「おとなしいほう」と
言われることが 多い。

だが、私の意見は、ちょっと違って、

『普段の二人の性格は ほとんど変わらない。

 ただ、人前に出た時、
 性格の ちょっとした違いが出るようだ。

 来ているお客さんに 愛想を振りまき 気配りするのが ジャムさん。

 大勢の観客を前にしても マイペースで堂々としているのが ヌーイさん。』

 その違いで「元気があるほう」と「おとなしいほう」という印象が定着してきている。



2009年10月24日、
横浜の「タイ フェスティバル」で Neko Jumpのサイン会があったので、
CDをその場で買い、サインをしてもらった。

jkf2371.jpg

ここには ジャムのサインが2個 と ヌーイのサインが1個 入っている。

じつは こんなことがありました・・・

私の順番が来て、CDを差し出すと、
まずはジャムがCD(写真・右側)のほうにサインをした。
ヌーイは歌詞カード(写真・左側)のほうにサインをした。

それを見て ジャムは 歌詞カードのほうにもサインをした。

多分、サインは歌詞カードだけにするものだったのだろう。
(CDへのサインはオプション。 ファンに言われなければ やらなくていい。)

だから、ヌーイの行動のほうが正しい。

ジャムが間違えて、CDにサインをしてしまったが、
ヌーイは つられることなく、歌詞カードにサインをした。

でもネ、このあとの ジャムの行動が素晴らしい。

歌詞カードを指差し、『こっちにもサインしたほうが いいですか?』と私に聞いてきた。

「はい、お願いします。」と私が返答し、
歌詞カードのほうにもサインしてもらった。


堂々としていて冷静だったヌーイ と
間違えたものの 気配りで より良いファンサービスをしたジャム。

Neko Jumpの2人の性格の違いが よく分かる出来事だった。



注・文中に出てくる、『こっちにもサインしたほうが いいですか?』のジャムの言葉は
  タイ語なので、本当は何を言ってるのか 全然 わかりませ~~ん。

   でもネ、私には分かった。 意思疎通できた。

 言語の壁を越えた、「心の交流」&「魂の結び付き」&「運命の赤い糸」が、
 私とジャムの間に 確実にあった。

ファン 3日目にして・・・

さてさて、待ちに待った週末。

バラ園に行こうか?
モーターショーに行こうか?

バラ園に行くべきか?
モーターショーに行くべきか?

バラを撮るか?
コンパニオンを撮るか?

私の行動は どちらでも ありませんでした。

土曜日・・・「 Neko Jump 」を見に行ってました。

ネコジャンプというのは、
私が ほんの4日前、ふとしたキッカケからファンになった、
タイ国の 美少女双子ユニットです。


Neko jumpの You Tube映像 曲目「POO」


Neko jumpの You Tube映像 曲目「Jub Jub」


土曜・日曜、
横浜の赤レンガ倉庫前の特設会場で、
「タイ・フェスティバル」が開催されてるので 行ってきました。
 (私が行ったのは 土曜日だけ)
ネコジャンプのミニコンサートとサイン会がある  と聞いて。

まぁ、こんなことも無ければ、
横浜・・・しかも 夜、  しかも 雨の時に
出掛けることは無かったでしょう。

横浜の 綺麗な夜景が見られました。

saydscf7937.jpg


タイ料理を食べることも目的でした。

「カオカームー」という料理を食べてみたかった。

カオカームーは 直訳すると「豚足飯」=「豚足のせ御飯」
豚足というか、豚の足の肉を煮込んで 角煮のようにしたものを
煮汁ごと 御飯に乗っけた料理です。

美味しかったです。

saydscf8019.jpg


私が 豚足飯を食べてる間に、
ネコジャンプのミニコンサート・・・始まっちゃいました。

コンサートが終わり、
私が トムヤンクン・ラーメンを食べてる間に、
ネコジャンプのサイン会・・・始まっちゃいました。

saydscf8089.jpg

CDをその場で買い、
ネコジャンプを間近で見て、握手も してもらいました。


そして 帰る。 良い土曜日だった。
saydscf8189.jpg
記事検索
楽天市場
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ