夢の ミシノン王国

現在、自分のHP「笑王院」を このブログに吸収中です。
そのため 古い記事を大量にUPしてます。
ミシノン王国に 今日も 日が昇る
たまには昇らない。更新率・低めのブログです

2007年 新潟旅行記

踊る大蛇ツアー その1

ここに載せた紀行文は 2007年に書いたものです。

ほとんど手直ししないまま載せるので
現在の状況と違ってる部分が たくさんあります。

紀行文の総合タイトルは 「踊る大蛇ツアー」



1 『 走り出せ 』

初めて、JRのトクトク切符の一つ、「土・日きっぷ」を使ったよ。

買ったのは その前日。
大きな切符×4枚とその半分の大きさの切符を一枚 もらった。

よく見たら、
半分の大きさの、小さな切符だけが本物の切符で、
あとの3枚は説明書で、
最後の1枚はアンケート用紙 だった。


初めて、上越新幹線に乗ったよ。

昼間は、思ったより本数が少ないのね。
そして、新潟まで行かない(越後湯沢が終点)上越新幹線もあるのね。

私が東京駅に行った時間が悪かったので、
まずは、東京→越後湯沢に行き、そこで30分ぐらい待って、
また越後湯沢→新潟の新幹線に乗った。


初めて、全車禁煙の新幹線に乗ったよ。

今年の3月、
JR東日本の全ての列車が禁煙になったのね。
私にとっては、タバコが吸えないのは ものすごいストレスよ。
今回は越後湯沢で いったん降りるから それほど苦にならず。

それにしても、ガラス張りの喫煙所は ものすごい混雑ぶりだった。


初めて、2階建て新幹線に乗ったよ。

行きも帰りも2階席。
さすがに 眺めが いいな~~♪

でもね、注意点がある。
2階建てなので、室内の高さが低くなってるみたいだ。
窓際の席の人は、そのまま立ち上がると、
荷物を載せる為の網棚に頭を強打する。気を付けよう。


「初めて尽くし」「知らないことだらけ」の新潟旅行も、
走り出せば なんとかなる。

0101


0102


0103


0104




2 『 天 高く 』

新潟に到着したのは午後の4時頃。
時間的には「夕方」になるのだろうが、
夏なので まだまだ行動範囲内の時間。

新潟に着き、最初にしたことは・・・
ホテルに荷物を置きに行きました♪

ホテルにチェックインした時に、
フロントで、観光パンフレットを取っておいた。

部屋に行き、少し休憩をとりつつ、孤独な作戦会議。

「せっかくだから、『朱鷺メッセ』を見に行き、その後、晩ご飯。
 ・・・駅前の回転寿司が いいなぁ・・・
  明日の朝ごはん&コーヒーの買い出しも必要ネ」

新潟駅から、市内循環バスが出ている。
「犬夜叉号」と「ドカベン号」、バスの横に そのキャラクターが描かれている。

乗りたかったけど、時間が合わず、歩いて朱鷺メッセに向かった。

新潟駅から2㎞未満。散歩がてら歩いてみた。

朱鷺メッセは高さ140メートルのノッポさん♪
遠くからでも よく見える。
と言うか・・・見えてからが、その道のりが遠かったような気がする。

1階から31階の展望室への直通エレベーターに乗ると、
ぐんぐん、上昇していく。速い速い。

朱鷺メッセ・展望室からの眺めは さすがに素晴らしい。

ここを訪れた人は 真っ先に感嘆の声をあげる。
「わっ すごい~~~♪」と。

町の様子・川の様子・海の様子・空の様子・太陽の様子が 
いっぺんに ここから見ることができる。

これで、入場無料なんだから、すごいよ。

景色を一通り見た後、
スカイラウンジPANORAMAで、ケーキとコーヒーのセットを注文し、
ゆっくりと食べた。

帰り際、レジの横に、中越沖地震の募金箱があったので、
少額ながらも募金させてもらった。

0201


0202


0203


0204




3 『 夕日で道草 』

新潟は、夕日の綺麗な街 らしい。

特に、朱鷺メッセ展望室からの眺望は絶景で、
日本海に沈む夕日が堪能できるという・・・。

が、この時 私は 夕日には興味が無かった。

それに、日没まで あと1時間は かかる。

朱鷺メッセの横を流れる信濃川の川縁を歩いて、
そのまま、駅のほうへ帰るつもりだった。

信濃川の川沿いは、整備された公園になっていて、
歩いていて とても気持ちが良い。

刻々と時が過ぎ、空にオレンジ色が混ざっていく。

「夕日なんて、どこも同じ」
・・・そう思ってたが、新潟の夕日は綺麗だ。

余計な道草をくいながら、駅のほうへ帰った。

「朱鷺メッセからの夕日」は
次に来た時の楽しみとして とっておこう・・・。

0301


0302


0303


0304




4 『 ゆったり早起き 』

家にいる時、出掛ける前に、
電車の時刻表を見て青くなった・・・。

旅行2日目の目的地、新潟県・関川村への電車が少ない。
「少ない」と言うか・・・「無い」に等しい。

普段の私の休日は、午前10時30分から活動スタート。

ホテルのチェックアウトの時限が10時だとして…

10時に新潟駅に行っても、乗る電車は無く、
11時30分まで どこかで時間を潰して、
11時47分・新潟発の電車に乗って、
13時48分・目的地の『越後下関』駅に到着
・・・という計算になる。

上の計算でも悪くはないのだが、
帰りの電車の心配をして また青くなる。

越後下関→新潟 の電車で(私が)乗れるのは、
14時19分 か 18時00分 しか無い。

14時19分は、滞在時間が30分程度になる為、却下。
18時00分は、これだと・・・家に辿り着くのが深夜になる、消極的。

ならば 行こう! 早起きして行こう!!

8時39分発、新潟~越後下関の快速電車がある。
これに乗って行こう!

と、いうことで 26日は朝6時30分に起き、
8時ピッタリにホテルを出て、新潟駅に向かいました。

思えば、私は 真夏に旅行をしたことが無かった。
6月や9月10月の旅行では、
ホテルのエアコンが効きすぎて風邪気味になり、
3月の旅行では、
ホテルのエアコンが何故か暖房になってて茹でダコになっていた。

今回の旅行は、一泊5000円程度のホテルでしたが、
実に快適に過ごせました♪

0402


0403


朱鷺メッセ近辺での写真を追加
0404


0401


踊る大蛇ツアー その2

ここに載せた紀行文は 2007年に書いたものです。

ほとんど手直ししないまま載せるので
現在の状況と違ってる部分が たくさんあります。

紀行文の総合タイトルは 「踊る大蛇ツアー」



5 『 踊る大蛇 』

8月26日、新潟県関川村での
『大したもん蛇(たいしたもんじゃ)祭り』
・・・なかなか激しいお祭りでした。

公式ホームページを見てみると、
ギネスブック認定の世界一の大蛇が、村の中をパレードする・・・
と書いてあるので、

大蛇を大切に扱いながら、ゆっくりと静かに歩いていく・・・
と、思ってたら、そうじゃなかった。

大蛇は全長82.8メートル。 
総勢500人の担ぎ手に動かされている。

コレ、何のキッカケがあるのか、
突如として、一部の担ぎ手が真横に猛ダッシュ。

担ぎ手の中に転倒者を出しながら、
大蛇は長い胴体を、左右に ぐねんぐねん と くねらせて進んでいく。

そのため、パレードの最中は、安全の為 大蛇には近寄れず・・・。

パレードが終わると、
村役場の前で大蛇が とぐろを巻いて、一時、休憩。

休憩の時は 大蛇・触り放題♪
小さな子供達は大蛇に飛び乗って遊んでました。

0501


0502


0503


0504




6 『 輝く背中 』

夏だから、多少の暑さは我慢できる。が、
じわじわと強烈な暑さを感じてきていた。

正午を過ぎる頃になると、
もはや、直射日光の当たる場所には立ってられない。

ある観客の男の人を見ると、Tシャツが汗でビッタビタ。
その人は灰色のTシャツを着てたので、濡れている部分は色が違って見える。
背中一面、見事なまでに汗をかいていた。

ふと、自分の胸元を見ると、私の青いTシャツの胸が汗で濡れている。
背中にも汗をかいていたかも知れない。

この日の朝の天気は 曇り。
カンカン照りではなかったので、油断してた・・・。

今年一番の日焼けを 私は この関川村で したのだった。

関川村のお土産に・・・急遽、ハンカチを買いました。
「あまりに暑い」という理由で。
大蛇の絵の描いてあるハンカチ。
良い記念になるだろう。

0601


0602


0603


0604




7 『 福を この手に 』

当日は、
「太鼓ショー」と「よさこいソーラン」が午前中に披露され、
大蛇のパレード終了後に、「喜っ喜(きっき) 大会」と呼ばれる
じゃんけん大会がありました。

なぜ、「喜っ喜」なのかは・・・・・・知らん。

祭りの最期は、『福まき』というイベントでした。

ステージのほうへ、
スーパーのレジ袋を広げた状態で近付く人が数人いる・・・。

「福まき」=「まんじゅう投げ」。
この時ばかりは、
村の人も積極的に熱狂的に参加する。

地元の人は このお祭りに慣れているんだろう・・・。
みんなは まんじゅうを拾ってる。
私は なかなか 拾えない。
(頑張れば もっと取れたと思う)

そして、運良く、
自分のほうに飛んできた まんじゅう(白)を
ダイレクトにキャッチ。

なんか、ホントに 福が来たような気持ちになりました。


大蛇を背景に、まんじゅうGETの証拠写真を撮りました。
0701


0702


0703


0704




8 『 不明・第2章 』

新潟=こめどころ なので、8月25,26の新潟旅行では、
美味しい~ご飯をたらふく食べる計算でした。

でも、計算なんて、すぐに崩れる。

25日の晩ご飯、回転寿司が すご~く美味しそうに見えた。
「美味しい魚&美味しいお米が食べられる♪」
と、喜び勇んで、店内に入ってみたが、すごい混雑。座る席が無い。

店内には おしぼり等、手を拭くものが何も無く、
なんか、落ち着いて食事ができない。

そのうち、皿の色が気になってきて、思うように手が出せない。

そして最大の欠点は私にあった。
普段、私はスーパーで買ったお寿司を食べているので、
温かい~常温の お寿司のご飯に慣れてない。

・・・なんか不発だったナ・・・


26日、うっぷんを晴らすべく、お祭り会場で、食べまくろう・・・と思ったが、
お団子を食べて、フランクフルトを食べて、コロッケを食べて、和牛の串焼きを食べて、
水、飲んで、コーヒー飲んで、コーラ飲んで、またコーヒー飲んで、
それでストップ。

おにぎり、売ってたのに、何故、食べなかったんだろ~~?


結局、新潟のお米は、帰る間際に、駅で駅弁を買って、
それで満足するように自分自身をなだめました。

新潟の駅弁は「雪だるま弁当」 ・・・県産コシヒカリを使ってる。
雪だるま弁当の公式HPはココ
http://www.ekiben.or.jp/sanshinken/

で、文章のタイトル・・・「第2章」ってのは・・・
私が もう一つ買った、新潟のお土産、
それが『朱鷺のはつ恋 第2章 はばたき』というモナカ。

何故、第2章というネーミングなのかは不明です。第1章は 見てません。

このモナカ、普通のと違ってて、
自分で モナカの皮にアンコを乗っけて、はさんで食べます。

アンコは、美味しいとも不味いとも言えない、適当なアンコでした。

でも、モナカの皮は サクサクのパリパリで すごく美味しかったです。

0801


0802


0804


0803


踊る大蛇ツアー その3

ここに載せた紀行文は 2007年に書いたものです。

ほとんど手直ししないまま載せるので
現在の状況と違ってる部分が たくさんあります。

紀行文の総合タイトルは 「踊る大蛇ツアー」



9 『 新潟のスキマ 』

長いこと、
新潟旅行のことを書いてきたけれど・・・

私、生身の体では
新潟の『潟』の字・・・・・・書けないぞ。

高校生ぐらいの時は ちゃんと書けたよ。
書き方、忘れちゃったヨ。
自分の手で書く機会が減ったからなぁ。

『潟』の字の右上部分、
な~ぜ、スキマが開いているんだろう・・・?


そして な~ぜ、
新潟の信号は 「縦」なんだろう?



 <追記>
 上のような投稿をしたところ、
『新潟は豪雪地帯だから、
 信号の上に雪が積もって見えなくならないように、
 「縦」に なってるんですよ。』
   という地元の人の答えを頂きました♪


では このページで最後なので、
旅行に役立ったサイトを紹介しておきます。

まずは ここで どんな観光スポットがあるか、調べた
『にいがた観光ナビ』
https://www.niigata-kankou.or.jp/

大蛇のパレードの写真が載ってます
『山と川と湯の里 関川村』
http://www.sekikawa-kankou.com/feature/taishitamonja2017/

ホテルの予約に
『るるぶトラベル』
http://rurubu.travel/

電車を調べるのに便利な 路線検索サイト
『えきから 時刻表』
http://www.ekikara.jp/top.htm
 ↑↑
新幹線を除いた路線検索ができるので便利 です♪

0901


0902


0903


0904






旅行記オマケ

朱鷺メッセ。
ものすごい近代的なビル。
奥の方、人が居ない場所で
自動エスカレーターがあったので近付いてみたけど
動かないので 私は怖くなって逃げた。
1001



「クレーンで月を吊り下げている写真」
1002



信濃川 と言えば 日本一の川!

信濃川沿いの道を散歩してきた私の印象としては、
「ん~、ずいぶん おとなしい川だなぁ」

日本一の大河だというから、
川の中にワニが いっぱいいて、
川に落ちると、ピラニアに喰い殺されるような、
そんな大河を想像していたヨ。
1003



8月25日に泊まったホテルで・・・。

次の日は早起きしなければならないので、
ベッドの横の目覚ましのアラームを私は 6時30分にセットした。

前の客は 9時30分にセットしていたようだ。

『勝った!』
と一瞬思ったが、
チェックアウトが10時までのホテルで9時30分まで寝てるほうがスゴイ。
・・・・・・負けたナ。
1004



普通の人なら旅行に携帯電話ぐらい持って行くだろう・・・
ゲーム好きの人ならDSぐらい持って行くだろう・・・。

私は それらを持って行かなかった。
おかげで、とても爽やかな旅になった。

でも、何故か、家で飲んでる焼酎(900ml)を
持って行ってしまった。・・・・・・邪魔だった。重かった。

焼酎の写真は撮ってないので 田んぼの稲
1005



「大したもん蛇まつり」を見に行くのに、
朝、早い、8時39分の電車に乗ろうか、
お昼頃の11時30頃の電車に乗ろうか、少し迷った。

が、早い時間の電車で行って、正解でした。

もし、11時30分頃の電車に乗ってたら、
大蛇のパレードは見られず、大蛇の解体ショーを見るハメになってた。
大蛇は分解して、キレイに片付けられます。
(注・写真は、小大蛇を分解したところです)
1006



この大蛇に触ると良い事がある、と云われてます。

が、一回目のパレード終了後は、大蛇の周りには すごい 人だかりが。
触るどころか、近付くことも おぼつかない。

大蛇に近寄るチャンスをうかがっていたら、
なんと、女子高生ぐらいのカワイイ女の子に触れました。
超・ラッキーでした。って、私が意図的に触ったんじゃないぞ。
相手が ぶつかってきたんだからナ。(←超重要)
1007



帰って、次の日、読売新聞に お祭りの事が小さく載っていた。

新聞の記事には、「5000人の観衆があった」ようなことが書かれている。

ん~~。
私が見た限りでは、
観衆は1000人ぐらい・・・多くても2000人といったところだろうか。

あぁ そうか。 私一人で、3000人~4000人ぶんの働きをしたんだ。
1008





新潟で 行ってみたい所があった。

「お色気割烹 えちご屋」

 どんな所じゃ~~?




あと これ 特別に 紀行文に追加。

朱鷺メッセの近くにある岩。
初めて見た時は 煙が噴出するようになってたが
翌年に行ったら 煙 弱まってた。
1010



河口に そびえたつ 朱鷺メッセ
1011



越後下関(えちご しもせき)の駅
1012



持って帰った お饅頭
1013







カテゴリ別アーカイブ
記事検索
楽天市場
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ