2009年 3月20~22日 に 旅行した時の話です。

文章は 旅行直後に書きました。
ほとんど手を加えずに載せるので
現在の情報と違ってる所が あちこち あります。


旅行記の総合タイトルは、 「もとめるもの」



9・『 庭園の美学 』

「これは・・・『庭園』ではなく、『公園』だ・・・」
残念ながら、
日本三名園の一つ、岡山の後楽園は、
私の期待してたものとは違った。

期待が大き過ぎた のかも知れない。

広い園内をくまなく散策、歩ける所は 多分 全部 歩いたが、
どの部分も庭園としての魅力に欠ける。

「これは いったい どうしたものか・・・?」
私は、今まで行った庭園のことを思い出してみた。

・・・あぁ、そうか・・・
自分の中で結論をだすと、
私には、私が思う「庭園の美学」があった。

それは、
『狭い敷地、限られたスペースの中で、
 智恵を絞り 最大限の努力をして、
 訪れた人の目と心を楽しませ、喜ばせるもの』

  それが私の考える素晴らしい庭園である。

岡山の後楽園の場合は、
「広い敷地を そのまんま広く使って、色んなもんを作ってる~」
 という しまらない印象だった。

早々に園内を出て、時間が余ったので、
見る予定には入ってなかった、隣の岡山城に行った。

こんな言い方は変ですが、
岡山でも最も有名な場所なので、見ても 損は 無いはず。

後楽園+岡山城、2つ合わせても、
2時間で じゅうぶん見られますョ。 どうですか~?

s090



s091



s092



s094



s096



s097



s099





10・『 泊まる楽しみ 』

「今度の旅行で泊まるホテル、すごく楽しそう」

料金は高くないし、超・豪華ではないけれど、
泊まる前からワクワクできるホテルだった。

一泊目・兵庫県明石市、「明石グリーンヒル・ホテル」。

私は明石城には何回も行っている。
3回かな、4回かな、いや もっとかな・・・?
それぐらいに、私が強烈にラブコールを送る明石城であったが、
今まで、なぜか、「お城が見えるホテルに泊まろう」という気が無かった。

夜…何度も何度も何度も…ライトアップされたお城を見た。
朝…何度も何度も すがすがしい朝の明石城を見た。

朝食はバイキング。
明石城を見ながらの朝食・・・これも夢のよう。
 オカユが美味しそうだから よそった。
 味…全く無かった。 塩分無しの純粋なオカユ。
 私は小さなテーブルだったので調味料が置いてなかった。
 梅干しをつつきながら食べた。 そんな話 どうでもいいネ。


二泊目・岡山県、「岡山ビューホテル」。

岡山は私にとって未知の場所。
駅から徒歩15分程度と書かれていて(実際には10分程度)、
ここに泊まるかどうか、かなり悩んだ。

でも、駅からホテルまでは
『桃太郎通り』という大通りを歩いていくので、
路面電車が見られて、歩いてて楽しかった。

このホテルの「売り」は、『靴を脱ぐホテル』。
ホテルの室内は土足禁止で、靴を脱いで ゆったり過ごせる。

私が泊まった部屋は、喫煙OKの部屋だったので、
あまり内装に こだわりが見られなかった。

が、これが禁煙ルームだったら、室内は もっと綺麗で、
部屋の中に入ると、段差があって、そこで靴を脱いで裸足になり、
フローリングの床で ゆったり寛ぎ、
夜は そこに寝具を広げて寝る事ができるらしい。


どちらのホテルも、朝食付きで8000円以下なので、
旅行に とてもいい。 オススメです。


(明石のホテル)
s100


s103



s101



s105



s106



(岡山のホテル)
s102



ルームキーを壁に刺さないと部屋の電気が使えない
s107



親切な「ホテルの案内」があった
s108





11・『 もとめるもの 』

「私は こんな物を買ってしまったのか・・・」
旅行から帰ってきて、
自分へのお土産…手作りの小さな人形を見て、そう思った。

小さい頃は、旅行のお土産に「形に残る物」を選んだ。
地名の入ったキーホルダーをよく買ってた。

大人になってからのお土産は
「食べて終わる(消える)物」ばかりだった。
形に残る物を買ってしまうと、のちのち 邪魔になるから。

それでも、この お人形サンに一目惚れして 買った。

今回の旅行で、綺麗な花・綺麗な景色をたくさん見てきたが、
それと同じ、か それ以上に心に残ってるのが『人』である。

空港で見た航空会社の女性。
一人の乗り遅れもないように走り回ってる。

ホテルのフロントの人。
見ず知らずの人間である私に、明るく話し掛けてきてくれる。

夜、食べる店が無くて、
やっと見つけて入った食堂の店員さん。
「ごちそうさま」と私が言った時に、
 返してくれた笑顔・・・最高!

都市緑化フェアの飾り付け。
大掛かりな花の造形もいいのだが、
わたし的には、
普通の人が綺麗に飾り付けた花に美しさを感じた。

岡山の後楽園。
入り口までの遊歩道に、丸太で作ったような柵があり、
柱の1本1本の上に、椿の花が置いてあった。

落ちた椿の花を、わざわざ、誰かが乗せたのだろう・・・
誰かが やってくれたんだ。

乗り換え駅だったJR相生(あいおい)駅。
改札から すぐの所の椅子に 何か 乗っかってる。
それは 座布団のような 椅子のカバー。

これも きっと、
誰かが 誰かのために、椅子にカバーを着けたんだ。

これらの事が、強く私の心に残っている。

結論が出た。
そうか・・・私が求めるものは・・・『人』だったのか・・・。

私は 自分でも気付かぬうちに、
『人と人の つながり』を感じさせるものを欲しがっていたんだ。

『人』に飢えてたんだね、私。
何よりも『真心』に触れたかったんだね、私。

ということで・・・みなさん これからも 私を 可愛がって下さいネ☆

s112



s111



s110



s113



s116



s117



s118





新しく追加の書き込みで、ちょっと小ネタ

電車内にあった広告。
私の見方が悪かったんだが、
「なんで 200g なんだろ?」と思いながら見てた。

2009 を 200gと読んでた というお話。
s015



JR三宮駅で買った切符。
券売機で買って すぐに改札を通ろうとしたが 改札が閉まる。
駅員さんに切符を見せて ハンコを押してもらった。
(降りる時も 駅員さんに見せて 出ることになる)

切符を券売機で買う時に
なんか いや~な感じがあって、それで実際に いや~な現実になった。

私は 切符を壊してしまうことが多い。
s026



岡山城は 黒いから「烏城(うじょう)」とも呼ばれる。
岡山城のすぐ近くで見たカラス。
s095




初日の 明石のホテルでの写真。
傘を干してるな・・・。 どこかで雨に降られたか。
旅行3日目も 写真を見ると 雨が降ってるな。

まったく忘れてた事ばかりだ。

たくさん写真を撮っといて良かったな。

写真を見ると 約10年前の事も 思い出せる。
s104