2006年10月14・15日、
佐原や成田や銚子に行った時の旅行記です。

文章は 旅行直後に 日記として書いたものです。
古いまんま載せてますので
今と状況が違う場合があります。

旅行記の総合タイトルは
「~懐かしさ と 新鮮味~」


1 『 普通に 』

普通に普通電車に乗った。
ここは京成電鉄。津田沼~成田間。

前の座席にいる人がパンフレットを見ていた。
『 ○○○ FUZOKU 』と読める。

FUZOKU? ・・・ふーぞく? ・・・風俗?

 え!? 風俗情報??

そのパンフレットが風俗情報であるワケが無い。

読んでいたのは まだ若いマダム。
もしくは ちょいと歳を重ねたヤンママ。
 綺麗な身なりをした女性だった。

どこかの「付属」幼稚園か「付属」小学校・・・
 じゃなかったら「付属」中学校のパンフレットを
 見ていただけのことである。

そんなこんなで 私の記念すべき小旅行が始まった。

01rimg3188


s01dscf6466


s01dscf6473


s01dscf6514



2 『 受け継がれる 』

千葉県の佐原に行ってきました。
年に2回の大祭りのある時期です。

大きな山車が14台 出ます。
あやつるのは 町の若者たち。
「佐原って こんなに若い人達が いたっけ?」
  と思えるほどです。

小さな子も いっちょまえの格好で、
 お祭りに参加していました。

こうやって お祭りが若い人達に受け継がれていくんだね。

s02dscf6468


s02dscf6555


s02dscf6476


s02dscf6478



3 『 スーパー・ドリフト 』

大きな人形を乗せた巨大な山車が、
町中を、佐原ばやしの歌と踊りと共に ゆっくりと進む。

300年の伝統を誇る、佐原の大祭り。

山車は重量が3~4トンもあり、
引っ張る人・押す人・舵を取る人は必死に やってます。

が、たまに ドリフト走行を見せてくれます。

・・・地面に「の」の字を書くように、
   その場で360°ターンを数回 繰り返す・・・

それが 佐原の山車の大技『ののじまわし』である。

s03dscf6607

s03dscf6609

s03dscf6611

s03dscf6613

s03dscf6615

s03dscf6617

s03dscf6618