2004年6月12日・13日に 浜松へ旅行した時の話です。
その当時に書いた文章なので 最新情報ではありません。



1,「花博の誘い」

『おぉ、これは スゴイ!』
私はよく、駅で、旅行のチラシをもらって来るのだが、
浜名湖・花博のチラシを見て驚いた。

静岡県で花博が開催されているのだが、
その会場がスゴイのだ。

『浜名湖の真ん中でやってるよ~』

湖でありながら、太平洋に口を開けている浜名湖の
中心部分の埋立地のような場所に花博会場が作られた事が、
チラシに載っていた空撮写真で判る。

この写真を見ただけで、がぜん行きたくなった。
いつもの私だったら、旅行の計画~実行まで
ものすごく時間が掛かるのだが、
今回だけは 思い立ってから10日もしないうちに
新幹線の予約とホテルの予約を済ませた。



2,「浜松ってドコだ?」

そりゃあ、ドコだか、場所は知っている。・・・だいたい。
ほとんどの人は こう言う・・・「通ったことはある」
私もそうです。 何度も通りぬけた事があります。

新幹線のキップを買う時に、悩まされた。
浜松駅で停まる「ひかり号」が少ない事に。

浜松という所は、ちょうど東京~京都の中間地点。
ひかり号なら1時間30分。8070円なり。
こだま号なら約2時間。こだま号も新幹線なので本来は料金は同じ。

せっかくだから、ぷらっとこだまエコノミープランで予約した。
これはJR東海の企画きっぷ。
途中下車、途中乗車は許されず、乗り遅れたら完全無効の
ちょっとデンジャラスなキップであるが、
料金ひかえめ、浜松までは6300円。
車内のワゴンサービスでビールが一本もらえる。
(ジュースでもいいが、ビールは350円、ジュース150円なので
 ビールのほうがおトクです)

まだ私が若かった頃、ぷらっとこだまプランで
大阪に行ったことがある。 そのため何か懐かしい感じがする。
ゆっくり走るが、他の特急よりは速い、
こだま号は 旅の風情を感じさせてくれる。



3,「乗車拒否をしてくれ」

浜松に着いた。時刻はお昼過ぎ、2時30分頃。

新幹線と在来線を束ねる駅は なかなか大きい。
コンコースを抜け、駅の外にでると、
花博開催地らしく、建築しなおしたような綺麗な街並みが目に入ってくる。

駅前には必ず大きな絵地図がある。
これから行く場所は だいたい決めていた。

もともと 今回の旅行は花博が目的なので、
他の場所を見ることは あまり考えていなかった。

「旅行初日は浜松城でも行ってみるか・・・」

大きな絵地図で見てみると、
浜松城は駅から2kmぐらいの所にある。

駅から右に進むとタクシー乗り場があった。
花博の客を当てこんでか、タクシーが まんぱんに集まっている。

さて、どうするもんか・・・

ふと、タクシー協会の立て看板が目に入った。
それはタクシー運転手のマナー向上に関する誓約のようなもの。
「行き先を告げられたら返事をします」
「乗車拒否はしません」など。

じゃあ、安心して乗ってみよう。

「浜松城までですけど、よろしいですか?」
そう言って、確かめてからタクシーに乗りこんだ。

「浜松城は歩いて行くには ちょっと遠いですよね」
と話し掛けてみたら、「どうだかね~」と答えが返ってきた。

約5分、メーターは一回動いただけの距離。
この間、運転手は溜息や舌打ちの連続だった。

イヤなら最初に断ってくれ。




4,「浜松城」

浜松城は若き日の徳川家康の居城であった。
荒々しい石垣が魅力の黒い三階建ての城である。
別名は「出世城」 家康が将軍になったのを筆頭に、
この城の城主になったものは、のちに幕府の要職に着く
と云われている。

浜松城のすぐ近くに、それ以前の城、「曳間城」の跡があるという。
曳間城・・・引馬・・・馬を引いている・・・それは負け戦。
という事で縁起が悪いので、曳間城という名前は使われなくなった。
昔は 縁起を担ぐ事が重要だった。



5,「限られた野生」

浜松城の天主あたりでカラスを見かけた。
段々になったお城の塀の端にカラスが歩いている。

「ケガでもしてるのかな・・・」
カラス特有の得体の知れぬ恐さが伝わってこないのだ。
少し近づいてみると相手も少し離れる。
「まぁ、おもしろい出会いだな」
そう思いながらデジカメでカラスを撮り、その場を後にした。

浜松城は城跡公園として、市民の憩いの場所となっている。
回遊庭園もあり、散歩にはぴったりの場所だ。

グランドがあり、そこに・・・・数え切れないほどのカラスの群れが。
こいつらは鳩と一緒だ。エサをくれる人がいるから、ここに集まってくる。
城の前で見たカラスも こいつらの仲間だろう。
どうりで野性味が無いはずだ。

旅行から帰ってきてから、また思い出したのが、
カタツムリだ。 こいつ、デカイ。
殻の部分だけで5cmある。いなくなったね、こんなヤツ。




6,「てくてくと」

浜松城公園をたっぷり楽しんだ私は、
次にやることは無いので、ホテルのある駅周辺に向かう。

バス停もあるのだが、てくてく とぼとぼと歩いていった。

「まぁ、こんなのも悪くない」
クルマの移動では気付かない細かい部分にも目が行くだろう。

『バブルに躍らされた街』というのもあるだろう・・・
だが、浜松を見た印象は、
『バブルにさえ、乗れなかった街』という印象を受ける。

街はある程度、整備されている。
お役所が頑張った結果だろう。だが、人が付いてきてない。

浜松の大通りには横断歩道が無かった。
広い車道の下、薄暗く狭い地下道があり、
前へ行くにも、通りの向こう岸にいくのも、斜めにすすむのも、
地下道を歩けば、安全にすむ。

かつて、大橋巨泉というタレントが
「こんなものイラナイ」という番組で言ってた事を思い出した。
『なんで、クルマはビューーンと行けて、人間が登ったり降りたりしなきゃいけないのか』

歩くのが大変だった。




7,「新感覚ホテル」

「ホテルを取る」
宿の予約は一昔前なら難儀した。
でも今は違う。インターネットで簡単に予約ができる。

この旅行で泊まるホテルもインターネットで見つけ、
インターネットで予約した。

料金はシングル6300円。浜松駅から歩いて5分。
できたばっかりのホテル。

ロビーの広いホテルは気持ちが良い。

部屋の中も綺麗で、ベッドのへこみはまだ無い。
ホテルの部屋ってベッドに座る人が多いので たいてい、端がへこんでいる。

ロビーの横は会議室のような広い部屋がある。
ここにはコーヒー紅茶の機械が置いてあり、
宿泊者はいつでも使える。コーヒー飲み放題♪

朝は この部屋が朝食を食べる部屋になる。

こういうホテルは初めてだった。




8,「ジェントルマンを見た~」

私はこの朝、ジェントルマンを見た。

さきほど、話に出たコーヒー飲み放題の会議室、
この部屋は朝は簡易レストランとなる。

無料サービスの朝食が取れるのだが、
パン・サラダ・スープ・ゆでたまごがバイキング形式で食べられる。

朝は小食な私には ぴったりだ。

ふと、一つ向こうのテーブルを見ると、
初老の紳士が左手にゆで卵、右手にスプーンを持っている。

スプーンの柄のハジを持ち、
『ぺ~ん ぺ~ん』と玉子を叩いた。

その所作、あれは間違いなくジェントルマンだ。



9,「シャトルバスから」

花博会場へは専用シャトルバスで向かう。
片道500円。往復チケットは1000円。
分かりやすい値段だ。
片道30分程度というが40分はかかる。

どんどこどんどこ、イナカへ向かって走る。
交通整理の人が交差点毎に立っている。
人件費がかかるだろう・・・思わず心配してしまった。

細い道を走っていく。
道路にはパイロンが置いてあり、
「ここにクルマを停めないように」と
書いてある。

だが、クルマも停められない状況には問題があると思う。

クルマは停まらなきゃ、人が降りられない。



10,「声掛け撮り」

パビリオン・・・コンパニオン・・・
それらの言葉は万博のおかげで日本に定着したのだろう。
私も筑波万博で初めてこの言葉を知った。

花博でも これらは存在する。

どこを見に行けばいいか、そんなもんはワカンナイから、
目に付いた建物に入った。

コンパニオンなる生き物が多数 生息していた。

「ドロボウ撮り」は こっそりと写真を撮ること。

『今回の私は違うんだ!』
そう決意した。
コンパニオンさんの写真が撮りたい。
ちゃんと「声かけ撮り」をしたものが撮りたい。

ある展示物の前にコンパニオンさんが立っていた。
周囲に観光客は いない。
声かけ撮りの絶好のチャンス♪

『すいません・・・写真 撮らせて下さい・・・』
恐る恐る声をかけたら、
コンパニオンは す~っと身を引いた。

どうやら彼女は、私が展示物の写真を撮りたい・・・と、思ったようである。

ちが~~~う!