2005年よりも前に兵庫県・明石~淡路島 や 神戸・姫路に
行った時に書いた紀行文です。

総合タイトルは『明淡紀行 (めいたんきこう)』

文章も古い時のまんまです。
施設や料金も 当時のままなので アテにしないで下さい。
たこフェリーの話とか 出てきます。




○「お祭りさわぎの中華街」

中華街と言ったら、横浜が有名だけど、関西にもあるんです。
地元では地名の通り、「南京町」と呼ばれてます。
でも、中華街と言ったほうが我々には分かり易い。

ここは横浜の中華街に比べると町も狭けりゃ、道も狭い。
ワイワイ・ガヤガヤ・ゴミゴミ
みなさんも人間の五感をフルに活用して、
この町の あふれるパワーを感じ取って欲しいです。

初めて行った時は 驚いた・・・
みんな、ラーメンなどを立ち喰い・歩き喰いしている。

勿論、店内でゆっくりと座って食べれる店もあるが、
中華街のおもしろさは 立ち喰い。お祭り気分です。

お祭りの露天のような場所で
ラーメン・水餃子・唐揚げ・肉まん・・・なんでもござれ。
 格安料金で販売してます。
歩いてると、中国系の女性が私に呼びかける。
「そこのお兄さん、何にする?」

最初はラーメンの立ち喰いなんてできなかったが、
2回目のチャレンジで、見事リベンジを果たしました。
 立ち食いのコツは、
 あらかじめ、露地を曲がったトコなど、
混雑してない場所に目星を付けといて、
 買ってから、そこに移動して食べること。
  物怖じせず食べてみよう。私は一人で食べてきた。

フカヒレラーメン・・・300円
水餃子・・・4個入りは200円。
肉まん・・・小さいものは50円から。
チンジュアイス・・・400円。

ぜひ、みなさんもここで遊んできてね~



○「楽しいモザイク」

観光地・神戸の定番は やはり 港!
モザイクというのはショッピングセンターの名前?
 よくは知らないけど、モザイクで通用するはず。

神戸の港には遊覧船乗り場・長距離フェリー乗り場があり
小さな遊園地がある。マリンタワーもある。

キレイに整備された港を歩いていると、
売り子さんが大きな声を出している。
これは遊覧船のチケットを売る人達。
遊覧船は数種類あるので慌てなくても乗れます。
ほんとは選んで乗ったほうが面白いんだろうけど、
時間に無理の無い船を選びましょう。



○「神戸ベイクルーズ」

「神戸ベイクルーズ」ってのは会社の名前のようです。
私もこの会社の船を2種類 乗りましたが、
一番、簡単に船遊びが満喫できます。

チケットを売り子さんから買えばすぐに乗れます。

1、ポート オブ コウベ  50分コース 900円
2階建ての、ずんぐりした船が「ポート オブ コウベ」
中は ゆったりと テーブルが並べてあり、
ソフトクリームやジュースが売っています。
船内でタバコを吸うこともできます。

2、プロムナード  40分コース 900円
 こちらは高速船「プロムナード」
 船内での飲食・喫煙はできないし、シートも狭い。
 でも、速さにモノを言わせて、巡航時間は短いものの、
ポートオブコウベでは行けなかった神戸大橋をくぐり、
ポートアイランド内の異人館を窓から見ることができる。

どちらの船も神戸港を1周します。
神戸港を出発すると、まず説明を受けるのは『潜水艦ドッグ』
・・・潜水艦を修理するためのものです。
ナマズのような形の潜水艦が見られるかも。
その次に説明されるのは、窓の遠くに見える『明石海峡大橋』
・・・島と本土をつなぐ橋が おぼろげに見えます。
その後、建設途中の神戸空港を遠くに見ながら、
たくさんの人が住む人工島・ポートアイランドのヘリを進みつつ、
港に帰っていきます。



○「素晴らしきオリジナル」

神戸ベイクルーズで楽しい思いをした私は、
続いて、大きな紫の船「パルメドール」に乗った。

神戸港にはグルメなレストラン船、
「ルミナス」や「コンチェルト」があるが、
これもその系統・・・グルメ船を名乗っている。

乗船料は1800円。1時間30分のクルーズになる。
この日は10月だというのに、ものすごく暑かった。
 レストランには用は無い、すぐにデッキに向かった。
 私はタバコを吸いながら海を見てる方が性に合ってる。
デッキにはカウンターバーがあり、簡単な食事が取れる。
オリジナルカレーというメニューがあった。
 う・・・気になる・・・美味しそうだ・・・食べたい!
  注文してみた。 見ただけでレトルトのカレーだと分かった。
   ニオイもレトルト。食べてみて、確実にレトルトだった。
     オリジナルカレー!

言っちゃあ悪いけど・・・1時間30分のクルーズは途中で飽きる。



○「プリン・セット」

時間が余ったので行ってみた。
せっかく博物館があるんだから、行かないと勿体無い。

歩道橋を渡ったところに建物がある。
ここは博物館の隣りの休憩所。
おみやげがけっこう置いてある。

ジュースの自動販売機が いっぱい並んでいるのだが、
私は ここで マスター(なんのマスターだか?)が入れてくれる
280円のコーヒーが好きだ。
 あれ・・・280円だったかな・・・忘れた・・・
 メモが見当たらない。メモしてたかも忘れた。
神戸プリンとセットで買うといいでしょう。
 セット料金は500円。

1個250円の『神戸プリン』はお土産に良い。
常温保存が可能な変なプリン。
 もともとプリンって保存食なんだって。



○「マリン・セット」

誰も通らない、とても静かな博物館・・・
券を買おうと窓口に行くと、
「マリンタワーにも入れる共通チケットが900円」と言われる。
単品で入れば、海洋博物館が600円・マリンタワーが600円。
トクみたいだから、共通チケットにした。

博物館内は、あまり見るものは無し。見る価値も無し。
悲しく厳しいが これが現実。

マリンタワーに行ってみた。
入り口でオタオタしてると、誰か立っている。
エレベーター係の人であった。
係がいるのにエレベーターに乗るのは待たされる。むかっ。
エレベーターはガラス貼り。外の様子が見える。
私はタワーは好きなので、まぁ楽しめた
普通の人には物足りないであろう。

ちなみに・・・『タワー協会』というのがある。
東京タワー・京都タワーなど、有数の有名タワーの連合会だ。



○「ホテルは いづこ?」

神戸 ・元町に到着。夕方だったし、ホテルに向かう。
ホテルのパンフレットには、簡単な地図と
ホテルの場所はタワーの近く・・・とだけ書かれてある。
これが、けっこう厄介なのである。
駅から近いはずなのに、だいぶ歩いた。

元町駅には出口が二つある。
西口を出れば、最短ルート。10分以下で到着するものを・・・。
  私は東口からホテルを目指してた。

これはホテルに注意したいことである。
当人は分かっていても、初めて来る人は分かんないよ・・・。
駅の出口が2箇所以上の時は、どこの出口から出るか、
それだけで、だいぶ時間が違う。
せめて何何出口か書いておいてくれ。
 と言っても・・・私はブラブラ歩くのは好きである・・・



○「神戸タワーサイド ホテル」

元町駅から歩いて10分のホテル。
元町のアーケードや中華街に歩いていけるのが魅力。
 是非、夕食は中華街に繰り出そう!

結構、街並みと調和している。
なんと1階には交番が入ってる。2階は歩道橋とくっついている。

シングルに泊まったけど、普通のホテルより ゆったりしている。
お風呂も使い易い。大き目の蛇口から お湯がと~と~と流れる。
シャワーの切り替えも、失敗せずに使えた。
トイレはウォシュレットが無い・・・あれば完璧なホテル。

(注・2005年に全室リニューアルしましたので、
   ウォシュレット も完備してます)



○「旅立ちの朝」

最初、その話を聞いた時・・・『邪道だ!』と思った・・・

旅行最終日、ホテルをチェックアウトする時に、
旅行用品の詰まった大きなバッグは
宅配便でホテルフロントから送る人が多くなったそうである。

かく言う私も、この方法を実践してます・・・
 財布とチケットさえ持てば、あとは全て 要らない物。
  身軽に行動できます。軽い~~
一度やったら やめられない。軽い~



○「お帰りは こちら」

いよいよ関西とオサラバ。
日常生活に戻るために帰る。

この前、失敗した。
新幹線の切符を持っていたのに、
新大阪までの切符を買ってしまった。
ついつい忘れてしまった。160円、損した。

「私は これでも 待ち合わせには早く行くタイプ」
 新大阪駅には余裕を持って到着。
行きよりも落ち着いた行動が取れるはずなのに、
何だか 落ち着かない。

帰りたくないからか・・もったいないからか・・
「行き」は・・・全ての体験が「始まり」!
駅に行くのも、電車に乗るにも、
あらゆる所で、旅の始まりを感じていた。
「帰り」は ただ帰るだけ。新幹線に乗れば旅も終わり。
  ワクワクは もう無い。

新大阪駅構内にはお土産売り場が いっぱいある。
食べ物屋さんもあるが、混んでて入る気がしない。
名残惜しい関西・・・せめて、全てのお土産売り場を覗いてみる。
結構、食べ物が多い。旅行中は気付かなかった。

時間合わせの為に、何本かタバコを吸う。
新幹線に乗るのに、少しの緊張はある。

新幹線に乗る。静かに動き出す。
食べ物を買ってきてある。ゆっくり食べるつもり。
隣りの席の人も、弁当を出してある。
車掌さんが検札に来てから食べよう。
そう思ってた。隣りの人も そう思ってたらしい。
発車から、40分ほどで車掌が来た。
 お弁当は冷めてしまっていた・・。

行きよりも帰りのほうが時間が短く感じる。
いろいろ、思い出しながら新幹線に乗ってた・・。