ここから続く文章は 2014年2月22日・23日の 豊橋に行った時の旅行記です。

私は豊橋に行くのは初めてだったし、
行く理由が、小さなライブハウスに行く為だったので、
旅行の楽しさは あまり期待してなかったのですが、
行ってみれば、すごく楽しく すごく気持ちの良い旅行ができました。


では、豊橋旅行記・第1話からスタート
1・「そう決意した」

そりゃぁ 私だって 旅行費を安くおさえたい。
いかにして 安く・速く行けるか を考えた。

その前に、「豊橋」という土地。
私は豊橋の正確な位置を知らなかった。

東京から行くと、
浜松より先・名古屋よりも手前 だった。

JRの鈍行列車で行こうとしたら、行けない距離ではないのだけれど、
それなりの時間とお金がかかる。

高速バスで行くにも それなりの時間とお金がかかる。

となると、JR東海のサービスに「ぷらっと こだま」というプランがある。
これは『事前予約が必要で、後から変更は一切できない』という制約があるけれど、
東京→浜松まで 新幹線こだま号(6300円)約2時間乗車 + 
浜松で鈍行列車に乗り換えて(650円) 約30分後に豊橋に到着。
約7000円で行かれるんなら なかなか良い。

ただ、東京→豊橋を 正規の新幹線の料金で調べてみると、
インターネットの路線検索で見たら 8190円 と出た。

こだま号よりも速い「ひかり号」に乗れて、
(ひかり号だと 東京→豊橋は1時間30分未満)
切符さえ買えば制約は何も無い「ひかり号」で行く事にした。

で、当日、出発した私は私鉄でJR津田沼駅に行き、
「みどりの窓口」で 新幹線の切符を購入した。
その額、9220円。

そんなに高かったっけ? 愕然としたけど、
津田沼から東京駅まで450円かかるし、
私が見たネットの路線検索は 指定席ではなく自由席の料金だった。

9220円・・・
片道で約2000円も違ってくるなら
事前準備を入念にやって 事前予約をして
「ぷらっと こだま」にするべきだった・・・

うわぁ 失敗した・・・
今回の旅行は ぜいたくできない。

昼食・晩御飯、安い物を食べよう。
コンビニおにぎり・・・いや それよりも安いスーパーのおにぎりを買おう。
行きの新幹線では お茶も買わないようにしよう・・・

そのように考えてると、どんどん 精神が ちぢこまっていくので、
心を切り替えた!

約2000円 高くなったけど、チャラになるよう努力しよう!
片道9220円かかるが「損をした」と思わないような素晴らしい旅行をしよう!

他の人が うらやましがるような良い旅行にしよう!!  そう決意した!



○新幹線
dezi4865



○チケット
sCIMG4869



○豊橋駅の新幹線乗客用の喫煙所は 改札口付近にあった
sCIMG4871



○豊橋駅のコンコース
sCIMG4872



○豊橋は路面電車が走ってる
sCIMG5377



sCIMG5369