夕方5時30分。
まだ それほど おなかは すいていない。
3時に ドンブリ飯 喰ったし。

それでも なんか 食べたくなった。
貝とか そういうの 食べたいな。
サザエ 一個ぐらい 食べてみたいな。

いや。 松島は カキが名物。
公園に面した場所に建つビルは、
食堂のようなレストランのような物で、
何軒か並んでいた。

「生ガキ」と書かれた貼り紙がしてある。

一軒の店に入った。
2階の座敷に通された。

メニューを見てみると、生ガキは『時価』と書いてある。
それを見て、ちょっと 注文する気が無くなってしまった。

その店の一押しメニュー、「かき丼」を注文した。
「かきめし」と違って、
カツ丼のカツが カキになってる御飯物。

ビールを飲みつつ、かき丼を食べ、
食べ終えると やはり 「生ガキ」が気になってきた。

「せっかく松島に来たのだから
 生ガキの一個でも食べておきたい」

意を決して、店員さんに聞いてみた。
「生ガキは 一個 いくらですか?」と。

すると『一個 400円』という返事だった。

「あぁ、これなら買える」と思ったが、
 何個も頼む事なく、たった 一個だけ 注文した。

で、生ガキ・・・

とりあえず、レモンを絞って かけ、
カキをつるん と 一口。

食べ方 わかんねー。
一個しか買ってないから、
食べ方の研究が できねー。




「松島」
50



「カキ丼」
51



「カキ  時価」
52



「一口で食べ終わったので フタをしめて遊んだ」
53