私が 初めて「モデル撮影会」に行ったのは
2010年の2月、ミルフルール撮影会 というところでした。

それまでの私は、
「東京モーターショー」や「東京ゲームショウ」で、
コンパニオンさんの写真は撮ったことがありますが、
本格的なモデル撮影会は これが初めてでした。

初めての撮影会で 緊張してたけど、
それ以外に 得たもの が多かった。いい勉強になった。



sayDSCF3177

(写真は 2部のもの)
(↑ よく見ると 後ろに ラスクの袋を持って走ってる人がいます)


撮影会1部の集合時間は 午前9時50分。
普通の休日の私なら、やっと起きて 朝ご飯を食べてる時間です。

余裕を持って 9時30分頃に「台場」駅に到着。
フジテレビのほうに歩いて行って、喫煙所でタバコを吸ってから、
「潮風公園」(1部の集合場所は 公園入口)を目指しました。

というか、目指すつもりだったが、道順というか、
「降りるための階段が どこにあるか、わからな~い」

台場駅から、フジテレビの反対側へ歩いて、5分以内に行ける所だけど、
降りる階段を間違っちゃって、
左側の歩道を歩いていったら、道路を横断することができなくて、
かなりの遠回りになった。


sayDSCF3180

(写真は 2部)



私のメインカメラ・ファインピックスS5000には
単3型 充電池を入れている。

この日も 睡眠前に充電したが、
4本のうちの1本に、充電不良を表す「点滅表示」があった。

気にしないで持ってきたんだけど・・・
ストロボを使用すると 一気にカメラのファインダーに
「電池残量無し」の警告の赤マークが 大きく出た。

sayDSCF0949




サブカメラのファインピックスF200は、
今でこそ 頼りになるカメラであるが、
その時は全く信用してなかった。特に電池の「持ち」。
旅行に持って行って、昼過ぎにバッテリー切れになることがあったから。

2つカメラがあるのに、どちらもバッテリーを気にしながら撮りました。

sayDSCF1006




↑↑
ここらへんの写真・・・
↓↓


sayDSCF1004



高倍率ズームのあるS5000で撮ってるけど、広角側で撮ってる。
撮りながら、自分で感じたけど、
「まだ、どのような画角で どれくらいの焦点距離のレンズで撮ればいいのか?」
 が 分からなかった。


あと、気を付けなければならない事で、
『広角レンズで撮る時は 気を付けないと、モデルさんの足が短く見えてしまう』
(ファインピックスF200  広角28mm)
sayDSCF3168

家に帰ってきて写真を見てから気が付いたょ。



2部の後半は 公園の中の 船の遊具での撮影。
sayDSCF3219


歩く場所に 段々 があって、
そこが けっこう高い段で、登ったら、
足 つった。  しかも両足。
睡眠不足が原因だろう。
これは気を付けなければ。




家に帰ってきてから、撮った写真を整理するけど、
2つの写真を見比べて 考える・・・

(普通の写真)
sayDSCF0944



(飛んだ写真)(飛ぶ=露出オーバーで 明る過ぎて 真っ白になる)
bsayDSCF0945


露出オーバーの失敗作だけど、
比べると、私は 飛んだ写真のほうが 好きだ。
(私の「花写真」と一緒だ)



sayDSCF0942





人間ってのは 痛い目に遭って 成長していく。
この日、私が 体得したものは・・・

☆前日は 睡眠時間 たっぷりと

☆電池の充電は しっかりと

☆広角レンズは使い方が難しい

☆台場駅→潮風公園へは 改札を出て左側の階段を降りるべし


          成長した♪



     補足写真あり