夢の ミシノン王国

現在、自分のHP「笑王院」を このブログに吸収中です。
そのため 古い記事を大量にUPしてます。
ミシノン王国に 今日も 日が昇る
たまには昇らない。更新率・低めのブログです

盛岡 初忘年会  その1

ここから↓↓は 2006年12月16日~17日に
盛岡に住む友人の所に遊びに行った時の旅行記です。

旅行記は 旅行直後に書いた古い記事なので
現在と状況が違ってるところがあると思います。

旅行記の総合タイトルは
「盛岡 初忘年会」 です。



1 『 上野スタート 』

♪上野発の夜行列車♪
 ・・・の歌にもあるとおり、
「東北に行くには 上野からだ!!」
 の私の思い込みで、
12月16日、岩手県盛岡行きの旅は
上野駅からスタート。

別に、今は東京駅からでも いいのね。
う~ん・・・東京駅のほうが便利かなぁ・・・
 まぁ、いいや。
私が上野駅を出発地に選んだんだ。悔いは無い。

急に決めた旅行だったので、
宿は当日ネット予約、
新幹線のチケットは上野駅で買うことに。それでも焦らず。

自動券売機で新幹線のチケットを買うのだが、
けっこう混んでる。
順番待ちだけで5分は待った。
初めて買うので少し緊張。

『出発=上野  到着=盛岡』で探すと、
ジャストなのは「やまびこ(新幹線)」のみ。
 「1時間に1本かょ~」
 次の便まで 丁度、1時間待ち。

秋田まで延びる「こまち」、八戸まで行く「はやて」も
盛岡に停まる・・・と 後から気付いたのは、
ありあまる時間でヒマつぶしに見ていた、
駅のサービス看板の おかげ。

01rimg3799


s01rimg3804


s01rimg3809




2 『 がらんとして狭い 』

東北新幹線の切符を買う時、
考えて、2人掛けシートの通路側を選んだ。

一人で乗るので、
2人掛けのほうが精神的に窮屈じゃないし、
通路側のほうが出入りに楽。

新幹線に乗ってみれば、
先に、隣の席に男の人が座ってました。
私から見ても「大きい」と感じるので、
身長は180㎝ぐらいあったのだろう・・・。

で、初めて乗って、初めて気が付いたんだけど、
灰皿が、真ん中の肘掛けの所にしか無いのね・・・。

知らない2人で、一つの灰皿を共有しなければいけない。

ま、私は携帯灰皿を持っていたので、
 肘掛けの灰皿は使わずに済みました。 ほっ。

この東北新幹線・・・
 東京(私が乗ったのは上野だけど)~仙台で、
 ほとんどの人が降りますねぇ。

終点・盛岡に着く頃には、
私の乗った8号車は乗客が いなかったぞ~。

私の隣の3人掛けシートは 結局 ずっと あいたまま。
 たまに どこかの号車から ふら~っと人が やってきて、
 シートに座ってタバコを吸って帰っていった・・・。

指定席を買った私が、
 なんか一番 窮屈な思いをしたようだった。

s02rimg3811


s02rimg3815


s02rimg3832




3 『 決めてないのに待ち合わせ 』

私の数少ない友人が盛岡に住んでいる。
私より10歳年上。もちろん男。

年に2,3回、手紙を交換し、
その人が上京してきた時には会うようにしている。

今回の盛岡行きは、私が突然に決めた。

まぁ一応、家を出る前に、
先方に電話を掛け、今日・明日の予定を聞いといた。
何の予定も無い とのことで、
『じゃあ、お昼の2時頃に家を出発する』とだけ言って、
盛岡を目指した。

約6時間後に盛岡到着。

駅前を少し眺めた後、
駅近くのビジネスホテルに入った。

「とりあえず、盛岡に到着した事を連絡せねば」
と、電話やらメモ帳を広げてみると、
携帯電話が鳴った形跡がある。

先方の家に電話を掛けると、奥さんが出て、
『(夫は)すぐに会えるように盛岡の駅に出掛けていきましたよ』と。

えええぇ!?
・・・到着時間が私でさえ分からなかったのに
  待っていてくれたとは。

使い慣れない携帯電話の着信履歴から、
その人の携帯電話に掛けてみると、
『駅前のタリーズにいる』と。

ええええぇ!?
・・・ついさっき、通ったトコだよ。

慌ててタリーズコーヒーの前に行くと、
あ、いたいた。
窓際の席で外を見ながらコーヒー飲んでる。

『お~い』と
彼に対して大きく手を振る私であった・・・

普段、地味な私が珍しく オーバーアクション♪

s03rimg3833


s03rimg3837


s03rimg3861




4 『 借りとく 』

若い頃の私は、
人に親切にされるのが嫌いだった。

「タダで ご馳走になる」なんて大嫌いだった。

他人のチカラは アテにしない
人に『借り』を作るなんて まっぴら御免。

もともと、私は人づきあいが下手で、
親切にされると、
どのように感謝の気持ちを伝えればいいのか、
それが分からなかったこともあったのだろう・・・。

盛岡での忘年会・・・
 私が言い出して、ささやかに開いた。

でも、相手が 飲み食いの分を全部 払ってくれたわ・・・。

盛岡滞在中は、友人に世話になりっぱなし。

16日の夜は、ビール3杯 飲んで、他にも食べて、
 私、一銭も払ってないや・・・。

17日は、昼の11時~3時まで一緒にいて、
 盛岡市内を案内してもらったわ・・・。

どんなに優れた人物でも 必ず誰かの世話になっている。
ましてや、未熟者の私なら、なおさら、人の世話になるだろう。
借りられる時に借りておこう。

思いっ切り、借りまくった2日間だった。
喜んで借りておく。 いつか必ず返してあげる!


↓↓写真・2枚目は岩手県盛岡にある三ツ石神社の巨石。
     この岩に、鬼の手形が残っていると云う・・・
     それで県名が 「岩手」になった と云われてます。

s04rimg3866


s04rimg3868


s04rimg3872


srimg3873


s12rimg3888


盛岡 初忘年会  その2

ここから↓↓は 2006年12月16日~17日に
盛岡に住む友人の所に遊びに行った時の旅行記です。

旅行記は 旅行直後に書いた古い記事なので
現在と状況が違ってるところがあると思います。

旅行記の総合タイトルは
「盛岡 初忘年会」 です。



5 『 雨ならば笑えない 』

宿泊ホテルを出る時、小雨が降っていた。

昼頃から、雪に変わり、
ザッザカ・ザッザカ降ってきた。


キャ~~ 雪~~♪
 すごい すごいよ~~


わ~ 風も強い。
 雪が顔にかかったよ。

傘、折れそうだよ~。(注・折り畳み傘なので耐久力・悪し)


普段、雪に馴れてない人間・・・雪を見るとハイ・テンション。
s12rimg3895


s11rimg3907


s12rimg3902


srimg3911




6 『 純白 』

冬の盛岡。
空から あふれて落ちる 雪。

この白い雪よりも、
さらに 白く 輝きを放っていたのは・・・

 『私だぁぁぁぁぁ!!』


東北遠征、そして来るべき北海道旅行のため、
白のダウンコート(ショート丈)を買ったのさ~。

「白は汚れやすい」「白は汚れが目立つ」
このような理由で「白」を敬遠する人が多い。

だが、私は あえて「白」を選んだ。

「汚れたら・・・・・・汚れてから考えます♪」


・・・盛岡でバスに乗りました。
  バスを降りる時、料金表の見方がわからず、
  運転手さんが いらついてました。

張り切って白いコートを着ても 
   中身は どんくさいヤツで~~す
         (〃⌒∇⌒)ゞ えへへっ

s05rimg3897


s05rimg3899


s11rimg3859


s05rimg3847




7 『 旅の おまけ(補足) 』

旅行の時、
お昼は わんこそばの名店・「東屋」で
食べました。

普通に 天ぷらソバを食べました。

盛岡は 麺類が評判です。
「冷麺」「じゃじゃ麺」「わんこそば」
これらを『盛岡三大麺』と称しています。

おみやげに買ったのは、南部煎餅。
今、色んなバリエーションが ありますねぇ。
私は、一番 素朴な
小麦粉にゴマの南部煎餅が好きです。

あと、有名なのは、
♪せんべ~~汁っ!
  割ってから入れてね~~♪
 の歌もある、せんべい汁。

これも おみやげに買いました。


旅行の時に泊まったのが、
『ビジネスホテル 北陵(ほくりょう)』
 盛岡駅の近くにあります。
 朝食は オニギリと味噌汁が出ます。
(後から書き足し。 現在は 「ホテル 盛岡ヒルズ」に改称されてます)

s06rimg3892


s06rimg3918


s06rimg3940


s06rimg3943



それまで私が泊まったホテルは
どこもオートロックだったが、
ここは違った。
夜、鍵を閉めずに外出してしまった
s12rimg3852


部屋の写真と私の荷物。
右のほうに 私のバッグがある。

パサパサの素材なので 防水が効いているのかと思いきや、
全く効いてない。

雪の中 歩いて、
バッグに水が染み込んで 中がヒタヒタになってた。
s11rimg3854





2016/02/29 渋谷オーブ

去年の2月29日、ライブハウス「渋谷オーブ」で
撮った写真です。


『アルク・ケット・シー』

sDSCN9866


sDSCN9873


sDSCN9882


sDSCN9888


sDSCN9898



『華香-KAKO-』

sDSCN0328


sDSCN0356


sDSCN0362


sDSCN0381


sDSCN0384




『Voice of Divine Children (V.O.D.C.)』

sDCN9937


sDCN9961


sDCN9985


sDCN9999


sDSCN0022


sDSCN0026


sDSCN0047


sDSCN0064


sDSCN0077


sDSCN0095


sDSCN0107


sDSCN0153



記事検索
楽天市場
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ