夢の ミシノン王国

現在、自分のHP「笑王院」を このブログに吸収中です。
そのため 古い記事を大量にUPしてます。
ミシノン王国に 今日も 日が昇る
たまには昇らない。更新率・低めのブログです

2017/01/07 渋谷ギャレット

去年の1月7日、ライブハウス「渋谷ギャレット」に出た、
バンド『MECHANICAL TEDDY  (メカニカル テディ)』の写真です。

sDSCN4373



sDSCN4388



sDSCN4421



sDSCN4430



sDSCN4441



sDSCN4514



sDSCN4517



sDSCN4562



sDSCN4614



sDSCN4669



sDSCN4681



sDSCN4710



sDSCN4716



sDSCN4726



sDSCN4737



sDSCN4781



sDSCN4789



sDSCN4815



sDSCN4878



sDSCN4908



sDSCN4931



sDSCN4939



sDSCN4992






ひさびさの 関西 明淡  その1

この旅行記は 2008年4月26日・27日に
大阪・兵庫に行った時の旅行記です。

その当時に書いたものなので
古いままで
現在の状況と違ってる箇所が いくつかあります。

旅行記の総合タイトルは 「ひさびさの 関西 明淡」


1『駅で売っている弁当』

いきなり、最後の話になるが、
私は帰りの新幹線のホーム(新神戸駅)で、
駅弁売りの小さなスタンドを見て、
小さな感動を覚えた。

店の屋号は「淡路屋」。
横に写真入りの駅弁の看板があった。
関東でも有名な「ひっぱりだこ飯」の駅弁屋さんだ。
 ここで駅弁を買うことにした。

でも、「容器が重いかも?」という理由で、
蛸飯を買わず『肉めし』を選んだ。

新幹線に乗り、車掌の検札が終わってすぐ、
「肉めし」を食べ始めた。

ローストビーフ風の牛肉の下はカレーピラフ。
 これだけでも美味しく食べられる。
(淡路屋の公式HPでは「サフラン風味のライス」になっているが)

添え物の くるみが 甘くカリッとしていて、
私には未体験の食べ物で とても良かった。

駅弁に付き物なのは、包装紙や箱の裏にある 駅弁の説明(店主敬白)。
ここに、
「冷めても美味しい駅弁を研究した」(←意訳)と書かれていた。

そう!駅弁は 冷めても美味しいのが、
 理想と言えば理想。 当然と言えば 当然。

s0101


s0102


s0103


明石駅
s0104


駅から見える明石城
s0105


岩屋港に居た鳥
s0106





2 『最大の失敗』

何事も「出だし」が肝心です。

楽しい旅行にする為、
新幹線に乗る直前、東京駅で
「ハイカラ弁当コンテスト グランプリ受賞」という
輝かしい実績を持つ駅弁『牛めし』を買いました

中身は、分かり易く言うと「牛丼」です。
同封されている「半熟玉子」と称される物は、
生卵に限りなく近い状態でして、
牛丼の上にかけて食べるようです。

グランプリを受賞するほどの弁当は どれほど美味いんだろう?
期待しながら食べてみると、見事なまでに裏切られました。

・・・弁当が冷たい・・
「冷めた(さめた)」ではなく「冷たい(つめたい)」んだ。
 冷蔵庫で冷やされてるような冷たさ。

温かければ、それなりに美味しいのだろうが、
冷たいので、とても悲惨な味でした・・・。

牛肉の脂身が、冷たいせいで、
ニオイも味も ドぎつく、
いつまでも口の中に脂が残る、という、とんでもないシロモノでした。

880円の弁当を
ここまで酷評をしちゃいけないので、
「牛めし」・・・包み紙の絵が、おもしろいヨ! 温めれば 美味しいヨ!
     とフォローしておきます。

行きも帰りも そうだけど、駅弁を買うと・・・
レジの人が「ありがとうございました」の代わりに、
「お気を付けて(行ってらっしゃい)」と言ってくれる。
   ・・・それは、なんか嬉しい。

s0201


関西の駅
s0202


見掛けた新幹線
s0203


車内
s0205


s0206


明石城
s0208


s0207





3 『シンボルと看板』

東京に 東京タワーが あるように、
大阪には 通天閣が ある!

通天閣・・・
前から 私 行ってみたかったんだョ。

下調べに、通天閣の公式サイトを見ておきました。
最寄り駅と簡単な地図が載っていました。そして、
「わからなかったら、そこらのオバちゃんに聞いてくれ」
(意訳↑)との説明書きがありました。

『お~し、道順は 分かった! 迷子になる心配は無い!』

JR環状線・新今宮駅で降りて、
斜め向こうに見える通天閣を目指して歩き出す・・・。

道を曲がると、ちょいと怪しげな界隈。
やがて、巨大なフグの提灯が見えてくる。
『あ、これ ガイドブックで見たことがある!』
フグ料理の『づぼらや』の大きく立体的なフグ型の看板。
感動しながら写真を撮りました。

ここら辺は「串カツの聖地」のようです。
関東には馴染みの薄い食べ物・・・串カツ。
串カツには「鉄の掟」があり、それは
「ソースの2度付け 絶対禁止!!」

掟が ちょっと怖かったので、串カツは食べずに、
辺りを見つつ、写真を撮りつつ、歩いていきました。

s0301


s0302


s0303


s0305


s0306





4 『悔いのないツッコミ』

通天閣の入り口が どこなのか?全く見当が付かない。
歩いていると、いつの間にか、通天閣の真下まで来ていた。

『ココかよ!?』 ここだったよ。

通天閣に登る為の、
小さなエレベーターの前に行列ができていた。
「ただいま、入場制限を行っています。
 30分から40分の入場待ちです」と係の人が言っていた。

『おいおい。
 オマエは 東京ディズニーランドのアトラクションか?』
ツッコミたくなった。

ギューギューのエレベーターに乗り、通天閣・2階へ。
チケットを買い、最上階へ登るエレベーターの順番を待つ。

混雑に耐えながら、エレベーターを待っていると、
「できるだけ 前へ お進み下さい」と係の人が叫んでいる。

一番前で待ってる赤の他人が、その言葉を聞いて
更に前進、壁に顔面をくっつけていた。

『おいおい。 それは 近付き過ぎだ!』
言いたいけど言わず。

エレベーターに乗り込むと、中が暗くなって、
天井に ビリケンさんの姿が浮かび上がる。
エレベーターは二基あって、それぞれ違う絵なので、
登り と 降り は違うエレベーターに乗りましょう♪

通天閣内の展示物は・・・
良く言えば「手作り」。悪く言えば「学芸会レベル」で、
手書きのポスターのような展示品が多かったです。

s0408


s0401


s0402


s0403


s0405


s0407


s0406



ひさびさの 関西 明淡  その2

この旅行記は 2008年4月26日・27日に
大阪・兵庫に行った時の旅行記です。

その当時に書いたものなので
古いままで
現在の状況と違ってる箇所が いくつかあります。

旅行記の総合タイトルは 「ひさびさの 関西 明淡」



5 『会えずに終わる』

旅行初日、大阪では、「通天閣」と、
まだ その行方が決まってない「くいだおれ太郎」を
見に行こうと思ってました。
(その後、ホテルに行き、荷物を置いてから、
 神戸の中華街で食べまくる予定だったので ここでは パワーセーブ)

通天閣へは、新大阪駅→大阪駅→新今宮で、
迷わずに行けました。

で、くいだおれ までは・・・

出掛ける前に 少しだけ公式ホームページを見ました。
「難波駅から歩いて5分」と書かれているので、
 これなら簡単だ♪ とメモも何もしてなかった・・・。

・・・ナンバへ行けばいいのか・・・

・・・ナンバ・・・ナンバ・・・ナンダ・・・ウメダ・・・

いつの間にか頭の中で こんがらがって、
難波じゃなくて、
梅田に行っちゃった・・・。

だから、くいだおれ人形・・・見てない。


話は変わって、
この旅行では JRの電車に よく乗りました。

関東には こういう電車がありませんが・・・
関西の電車(ボックスシートの電車)・・・
 扉の近くの座席の裏に、
 引き出すと座れる、座席があります。

s0504


s0503


s0505


s0506





6 『中華街 リベンジ』

気合いを入れて、神戸の中華街(南京町)へ行きました。

去年の旅行では、雨の為、
『中華街 食べまくり」が できなかったので、
そのリベンジが ある。

中華料理って、酢豚の肉や 鳥の唐揚げが、
 カラッと揚がっていて おいしいので、
まずは
○串に刺さった、鳥の唐揚げ(200円)を買い、
 ライトアップされている門を見ながら 立ち食い。

次に
○角煮バーガー(200円)を買いました。
 「角煮まん」と言ったほうが判りやすいかな・・・?
  ちょっとマイナー商品で、買ってる人が少ないから そーいうの 好き。

次に
○春巻き・大・1本(200円)は、
 「箸で食べるのかなぁ?」と思ってたら、
 まるで、チュロスやクレープのように、
 紙で巻いてくれたので、オシャレに食べられました。


次に
○餃子・大きめ・4個(300円)は、
 売ってるオバちゃんが
 とても、威勢と愛想がいいので 買いました。
  焼きたてなので 美味しかったです。

食べてばかりで疲れてきたので、
○マンゴージュース(タピオカ入り)(300円)で、
 熱くなりはじめた自分の体をクールダウン。
 口の中もサッパリしました。

普段、私は小食で、もうお腹いっぱいだけど、
食事のシメのため、去年、食事した「広州菜館」に行きました。
店のオジさんが とても親切そうで、
更に、店のお姉さんが 親切で美人。
その女性が、店頭で売り子をしていたので、買いました、
○北京ダック・1個(500円)
 うん、今年も その人は美しかった。

せっかくだから、ラーメンも食べておこう、と
○ワンタン麺・大(650円)を隣の店に入って注文した。
 これが なかなか美味しかった。

 さすがに これで満腹。
 中華街・食べまくりは これにて終了@

s0604


s0601


s0602


s0603


s0605





7 『北京ダックは恋の味』

中国のラーメンは、日本のラーメンに比べると、
とても 素朴な味です。
濃厚な味が好きな人には 物足りなく感じることでしょう。

神戸の中華街のラーメンは、
小サイズ・300円で食べられますので、
いろいろ挑戦してみて下さい。

神戸の中華街は
「お祭りの屋台」のような雰囲気なので とても楽しいです。

神戸の中華街=南京町で、
 あれこれ 飲み食いした時の話・・・

私は じつは・・・
 去年 行った店「広州菜館」の お姉さんが・・・
 すごく タイプです♪
  それで 今年も行きました。

そこの お姉さんは、
 美人で優しくて仕事もテキパキこなしてます。
  ん~~  魅力的だ~

その店でラーメンを食べようと思ってたけど、
お姉さんが店頭で 売り子をしていたので、
その場で買って食べられるものを買いました。

しかも、日本人・憧れの食べ物=北京ダックを。

美人のお姉さんが、
北京ダックにナイフを入れて肉を削ぎ落とし、
丸いギョーザの皮みたいなのを広げて、
そこに味噌を くるりん と付け、
肉を載せ、ネギを載せて、包む・・・

その作業を まじまじと近くで見てました。
特に お姉さんの着ていた、
フリフリ襟のブラウスが可愛かった、と記憶しています。

とっても幸せな気持ちで、北京ダックを食べてみたら・・・
高尚な食べ物だったので、私の口には 合いませんでした・・・

気持ち と 味覚 は一緒じゃないということを知りました。

s0701


s0702


s0703


s0704


s0705





8 『新型デジカメが欲しい』

うぅ・・・
私・愛用のデジカメ1番機では
(高倍率ズーム付きデジタルカメラ)、
これぐらいの撮影が 限界ですねぇ。

普段は、「手ブレなど カメラの設定を変えたり、物に寄りかかって撮れば防げる」
と思ってるのに 今回ばかりは 
「手ぶれ防止機能の付いたデジカメ」が欲しいと思いました。

夜景を綺麗に写すには、スローシャッター必須です。

船が波で揺れるから、どうしても ブレてしまうのネ。

全長・約4㎞の世界最長の吊り橋は、
上を通るより、下をくぐったほうが楽しい、と私は思います。

s0806


s0807


s0803


s0801


s0802


s0805


s0804


記事検索
楽天市場
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ