夢の ミシノン王国

現在、自分のHP「笑王院」を このブログに吸収中です。
そのため 古い記事を大量にUPしてます。
ミシノン王国に 今日も 日が昇る
たまには昇らない。更新率・低めのブログです

2016/05/29 新宿ワイルドサイド

去年の5月29日に ライブハウス「新宿ワイルドサイドトーキョー」へ、
バンド『Voice of Divine Children (VODC)』を見に行きました。

sDSCN3856


sDSCN3861


sDSCN3926


sDSCN3941


sDSCN3963


sDSCN3969


sDSCN3974


sDSCN3986


sDSCN3999


sDSCN4039


sDSCN4043


sDSCN4069


sDSCN4116


sDSCN4138


sDSCN4277


sDSCN4300





関西 うろ覚えツアー  その1

掲載した文章は、2007年の旅行直後に書いたものを
ほとんど そのまんま 載せてます。

なので、現在の状況と違う箇所が幾つかあると思います。

旅行記・総合タイトル『 関西うろおぼえツアー 』



1 『 グリ~~~ン車 』

2007年 3月の24・25日、
大阪のほうへ行ってきました。

移動は、新幹線のグリ~~~~ン車♪

なぜ、グリーン車を選んだか と言うと・・・

最近の、旅行会社の旅行(往復の新幹線+ホテル)は、
乗る新幹線の時間によって、
(ほとんどの場合で)割り増し料金が掛かる。

早朝や夜なら 割り増し無し。
そこそこの時間帯なら、+1500円。
普通の人が 一番 乗りたがる時間帯の新幹線に
乗ろうとすれば +3000円。 とか。(全て片道)

JTBの「エース ビジネス プラン」のパンフレットの、
細かい字を注意深く 読んでみると、
「グリーン車 利用の場合は、基本料金+3000円(片道)だけで、
 全ての時間帯の新幹線グリーン車に乗れる」と書いてある。

『出発時間による割り増し料金を払うんなら、
 最初っから、グリーン車に乗っちゃったほうが トクじゃん』
 ということに気が付いたので、
 グリ~~ン車に乗って 行ってきました。

s01rimg4560


s01rimg4423


s01rimg4562


s01rimg4599


s01dscf7496




2 『 誰? 』

何年かぶりの岸和田です。
岸和田城は桜の名所として知られています。

楽しい お花見ができますように♪
と、旅行前まで思っていましたが・・・

『誰?  一体 誰!?』
「今年の桜の開花は早い」なんて言っていた人は。

かく言う私も、今年は早いと確信してました。

3月24日・岸和田城・・・一分咲きにも満たない状態。

天気は雨。
ときどき雨が やみましたが、逆に強く降る時もあり。

お花見の名所で知られる岸和田城も、ひとっこ一人 いやしない。

岸和田に住む、私の友人ミッチョさんと会い、
缶コーヒーを立ち飲みし、
門の前の広場でタバコを吸い、
お城周辺をブラブラして、3月・お花見、終了~

s02rimg4584


s02dscf7223


s02dscf7215


s02dscf7221


s02dscf7228




3 『 祭りのある町 』

私の行った「岸和田」は・・・
ほらっ、みんなが知ってる岸和田です。

『だんじり祭り』で有名な所です。

勇壮なイメージばかり先行してしまいますが、
お祭りの無い時は、すごく静かな町のようです。

でもネ、彼等は常に牙を磨いでいる・・・

岸和田の商店街で こんな物を見掛けました。

玩具屋さんの店先にあった物
・・・それは・・・
岸和田の「だんじり(山車)」のオモチャ。
 ビニールの風船の山車だよ~~。

岸和田の子は
物心つく前から これを引っ張って鍛えている。
(と聞いたことがあるが、定かではない)


これが「オモチャ屋さんの店頭」ですが、
 ピントが ちょっと合ってないんだわ~
s03dscf7237

写真の中央に、
黄土色のビニール製・山車が2段に積まれて売られてます。

写真が ちゃんと撮れてなくて残念・・・
そして・・・買ってくれば良かったな・・・残念。

今度、行った時に、お土産に買ってきておこう・・・。

s03rimg4571


s03rimg4574


s03rimg4581


s03dscf7208




4 『 違うじゃ~~ん 』

新大阪→岸和田までは、間違えることなく、簡単に行けた。

問題はホテルへの道。

旅行会社から もらったパンフレットには、
私の泊まるホテルは、
「大阪駅から一つ目の 大阪天満宮駅に直結してるホテル」と書かれていた。

だから、ホテルに向かう道の下調べをしてなかった。

実際に行ってみると、話が 全然 違う。

『大阪駅から一つめの駅』の実態は、
・・・大阪駅で降りて、改札を出て、
   何百メートルか歩いて「北新地」という駅に行き、
       そこから電車に乗って一つめの駅・・・という意味。

『駅に直結したホテル』の実態は、
・・・大阪天満宮駅は、他の駅と 連絡通路で つながっていて、
   他の駅の出入り口が、ホテルの入り口の隣・・・という意味。

ずいぶん 悩んだわい。


通過地点で 通天閣の近くを通った
s04rimg4586


その後に行った神戸の中華街
s04rimg4590


s04rimg4593


s04rimg4598


s04rimg4606




5 『 雨で結構 』

土曜日・・・旅先では雨に降られました。

「天気が悪くて残念だったね」

『いやいやいや!  雨で結構!』

土曜日の夜、
神戸・元町の中華街(南京町)に 晩ご飯を食べに行ってきました。

中華街・・・
ここ、いつもは すご~~く 混んでるの。
何回か行ったけど いつも 満員電車並みに混んでる。

神戸の中華街は、
横浜の中華街に比べると、
範囲も狭いし、なんといっても、道が狭い!

狭い中で、観光客や地元の人が食べ歩きするもんだから、
身動きが取れないほどの混雑ぶりです。

でも、この日は雨で ガラガラに すいてました。

もし、神戸の中華街に行きたい という人がいたら、
「雨の日は 狙い目ですよ~」と教えてあげたい。

s05rimg4588


s05rimg4589


s05rimg4607


s05rimg4608


関西 うろ覚えツアー  その2

掲載した文章は、2007年の旅行直後に書いたものを
ほとんど そのまんま 載せてます。

なので、現在の状況と違う箇所が幾つかあると思います。

旅行記・総合タイトル『 関西うろおぼえツアー 』



6 『 食のワンダーランド 』

土曜日の夜・・・ ホテルに入って 一休み。
そのまま 「何もしない」でOKだったけど、
ご飯を食べに行きたくなった。

神戸の中華街に、是が非でも行きたかった。

だって、日曜日の朝食が・・・
「ホテルの狭いシングルルームで、一人寂しく、コンビニ・オニギリを食べる」ことに
決定していたから。

神戸の中華街の醍醐味は、
雑踏の中で、屋台の食べ物を立ち喰い・歩き喰いすることだが、
さすがに雨なので、これは断念。

中華街をうろついていると、
一軒の料理店の前に 呼び込みのオジサンが立っていた。

人の良さそうなオジサンに声を掛けられ、
少し話しながら、メニューを確認。
けっこう安い。そして美味しそう。

その店に入り、
フカヒレらーめん+半チャーハン+唐揚げ+春巻きの
お得なセット(850円)と生ビールを注文した。

日本生まれの中国人なのだろうか・・・?
家族同士で話す時は中国語だった。

オジサンも親切だったし、店のお姉さんも親切だったので、
料理は勿論、後味も良かった・・・。

s06rimg4594


s06rimg4596


s06rimg4597


s06rimg4603


s06rimg4612




7 『 明石 凱旋 』

明石は 私にとって 馴染みの深い場所である。

久々の明石来訪。
「掲示板王」に就任してからは
  初めての明石入りだ。

おぉ~~。
 見える、見えるゾ。

私の帰りを 今か今かと待っていた者達。

「待たせたなぁ、諸君!!」

沿道を埋め尽くす観客。
鳴りやまない拍手。

この日、明石は熱狂の渦に巻き込まれた。

(多少のフィクションを盛り込みながら書いてます)

s07rimg4617


s07rimg4618


s07rimg4621




8 『 破天候クルーズ 』

中華街で晩メシを喰った後、
私は、ホテルとは逆の方へ向かった。

目的地は 明石。 船に乗る為だ。

明石に着く頃には 夜の9時を過ぎていた。
誰もいない、明石銀座を通り抜け、
明石の海を目指す。

兵庫県の明石 と 淡路島の先端は
フェリーで結ばれている。(航行時間は約20分)

愛称は「たこフェリー」。

本来はクルマを輸送する船なのだろうが、
人間だけでも 320円で乗せてくれる。

「明石海峡大橋を望みながら
   優雅な船の旅と洒落込もう♪」

…の はずが、あまりにも天気が悪い。

「夜もふけ、時間が経てば、少しは天気が落ち着くかな・・・?」
と、淡い期待を持っていたが・・・

世の中 そんなに甘くない。

前へ進めないほどの風、
ビチビチビチビチと体に当たって痛い雨。

コートのフードはバタバタバタバタと
どこかへ飛んで行ってしまいそう。

コートの前を閉め、
ポケットのボタンも留めておかないと、
財布すら風に吹き飛ばされてしまうような恐怖感。

「こりゃ、船に乗ったら さらに すげーことに なるな・・・」

行くべきか・行かざるべきか・・・。
普通の人なら「行かない」という判断をするだろうが、、
「いいや! 行ってしまえ!」と安直にGOサイン!

役に立たない傘を、バッグに しまい、
 雨の中、フェリー乗り場まで走っていった。

フェリーに乗ってしまえば、実に快適。
さすがに、強風と雨の為、
甲板での撮影は少ししかできなかったけど、
しばしの船旅・・・楽しめました。

s08rimg4623


s08dscf7385


s08dscf7322


s08rimg4625


s08dscf7393




9 『 うろ覚えツアー スタート 』

25日は「神戸のほうに行きたい!」
とのシンプルな理由で、電車に乗って神戸へ向かいました。

「たしか・・・山が あるんだよな・・・」
その山の名前が思い出せない。

「たしか・・・山の上に フラワーパークが あるんだよな・・・」
その施設の名前が思い出せない。

「異人館も見てみたい・・・どこだったかな・・・? ○○異人館・・・」
○○の部分には地名が入る・・・が、思い出せない。

電車に乗れば、思い出すかも知れないし、
車内や駅に、観光施設の案内が出てるかも知れない。

気楽に思いながら、電車に乗ってたけど、
やはり、分からない・・・

「フラワーパークや異人館じゃないにしろ、どこか行かなきゃ」
 神戸の港に近い駅・元町で電車を降りる・・・

駅の中にある、近郊の地図を見ると、
近くに『相楽園(旧・ハッサム邸)』というのがある。

「古い洋館があるのか・・・ここを第一目標にしよう」
フムフム・・・線路沿いを歩いて行って、
『花隈(はなくま)公園』で曲がればいいのか・・・

歩いていくと、大きな石垣が見えてくる。 まるで城壁のよう。
花隈公園には用が無かったが、公園の中に入ってみる。

『花隈城跡』の石の看板を見付けた。
「やはり、城だったか・・・」
しかも、戦国時代の中では有名人の、
『荒木村重(あらき むらしげ)』の居城だったと。

公園の外では、掃除する人の姿が見えたが、
公園内は、ゴミ溜めのようだった。

地元の人も、犬の散歩に来るぐらいのトコ。
でも、私には見る価値があった・・・
と言いつつも、すぐに「相楽園」に向かうのであった。

s09rimg4639


ここから↓↓の写真は 他の施設で撮ったものです

s09dscf7408


s09dscf7425


s09dscf7433


s09dscf7466


記事検索
楽天市場
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ